正しいファスティングの方法を教えて!


短期間で確実に体重を落とせるということで人気のダイエット方法であるファスティング。でもやり方を間違ってしまうと、体調をくずしてしまったり、リバウンドしてしまったりという危険があります。
 

ファスティング初心者の方は、まずは正しい方法をしっかりと覚えておきましょう。
 

1.ファスティングの進め方とは?

 

ファスティングは、準備期、ファスティング期、回復期の3つのステップで行います。ファスティング期には基本的に固形物を口にせずに、酵素ドリンクや野菜ジュースなどで過ごします。
 

しかし、通常の食事からいきなりファスティング用の食事に切り替えると、ファスティング期を順調に乗り切ることが難しくなります。そこで、準備期の間にファスティング期に向けて胃腸を整えていくのです。
 

準備期の過ごし方のポイントは、脂っこい食べ物を控えて、量は腹7分目程度にすること、間食やアルコールは控えること、夕食は20時までに済ませることの3点です。
 

次に、準備期間の取り方についてです。準備期間は、ファスティングを行う日数と同じかそれ以上にとりましょう。例えば、3日間のファスティングを行うのであれば、準備期間は3日間以上とるようにします。
 

続いて、ファスティング期間の過ごし方についてです。ファスティングは、あまり長期間やりすぎても体調をくずしてしまう恐れがあります。そのため、ファスティング期間は3日間程度にしておくのがベストです。
 

ファスティング初心者の方や、肉体労働で食事を減らすのは難しい、という方は、週末や連休中のみの短期間のファスティングがおすすめです。
 

2.ファスティング中は何を食べるの?

 

ファスティング中は固形物を一切食べずに、酵素ドリンクや野菜ジュース、水のみで過ごします。ファスティング中はどうしても栄養不足に陥りがちなので、栄養を豊富に含んだドリンク剤を飲むようにするといいでしょう。
 

また、ファスティング中は基本的に食事をとらないため、体調をくずしやすい期間です。体の調子が良くないときはファスティングはやめておいた方がいいでしょう。またファスティング期間中は激しい運動や肉体労働は避けましょう。
 

3.回復期はどう過ごす?

 

最後に、回復期間の過ごし方についてです。ファスティング成功のカギとなるのが回復期です。準備期間同様、通常の食生活に戻していくための準備期間で、ファスティング期と同じ日数かそれ以上をとります。
 

この期間で、重湯などの流動食から、スープ、おかゆといったように、徐々に固形物を取り入れていきます。
 

回復期間を十分にとらずにいきなり通常の食事に戻してしまうと、胃に負担をかけてしまったり、リバウンドをしてしまう恐れがあります。
 

自分一人ではファスティングを乗り切れなそう、という人は、ホテルのファスティングプランを利用するのもおすすめです。
 

管理栄養士に監修された食事メニューと医師によるサポート、そしてしっかりとしたファスティングのスケジュールが組み立てられているので、栄養不足になってしまう心配もなく、意志の弱い人でも最後までやりきることができます。