週末断食の方法を知りたい!

Pocket

「プチ断食」この言葉を多くの人は聞いたことがあるのではないでしょうか。一時的に多くのメディアで大ブームになりましたが、これは一時的なことなんかではありません。今でも多くのセレブがとりいれている健康法のひとつです。
 

芸能人のブログ等を見ているとプチ断食やファスティングといったワードによく出会えるので注意してみてみてください。1日3食きっちり食べましょうね、これは小学校の時に習ったことですよね。
 

これは非常に重要なことなんです。特に成長期や妊娠中の女性などは十分な栄養が必要になります。その際に体が消化吸収をしやすいバランスで、作り手や義務教育、仕事などの生活スタイルの負担にならない頻度がこの1日3食です。
 

しかし、だからといって食事量を考えずに1日3食を守る必要はありません。
 

1.週末断食とは何ですか?

 

そういったコントロールに有効なのも週末断食の魅力です。例えば、食べ過ぎた翌日は日中は食事を控え、夜だけ軽めの食事をすること。これだけでも1日でできる十分なプチ断食です。
 

食べ過ぎたまま1日3食をとるとカロリー過多になってしまいます。1日だけの断食は朝~昼が断食期間、夜が回復期間ということになります。欲をいえばその翌日も徐々に食事を増やしていければなお効果的ですよね。
 

2.週末断食の方法を知りたい!

 

そして週末をがっつり利用した断食が1日断食、もしくは2日断食でしょう。断食の効果は、断食中に食事をとらない、もしくは決まったものしか食べないだけでなく、準備期間と回復期間をどれだけしっかりとるかによって変わってきます。
 

徐々に消化の良いものにきりかえ準備をすること、徐々に通常の食事に戻す回復期間もしっかり確保する必要があります。特に回復期間は、断食の効果を高めるために非常に重要であるといえるでしょう。
 

具体的には、土日にチャレンジをするとすれば木曜の晩御飯から和食中心で油っこいものを避け土日に備えます。特に金曜日の夜、つまり断食前に最後に食べる食べ物は消化の良いものにすればよいでしょう。
 

そして断食に取り組みます。断食期間と回復期間が同じだけとれば効果的です。土曜日に断食をして、日曜日は消化のよいおかゆなどを中心に徐々に戻していくか、土日に断食をして月曜、火曜で徐々に戻していくというスケジュールになります。
 

3.回復期の時間が取れない時にはどうする?

 

仕事をしていて回復期間がそんなにとれないという人もいるかもしれませんが、回復食はおかゆやおじや、野菜スープでも代用できるので仕事のランチなどでそういったものを食べれる人は十分取り入れる事が出来ます。
 

大切なのは、断食を行うその日だけ頑張るのではなく断食前後の食生活にも気をつかうことができるかどうかです。そういったバランスで日程を確保しましょう。
 

週末にプチ断食を行うことで翌週以降に頭をスッキリさせることもできるだけでなく、定期的に取り入れる事で体質改善や健康の維持を行うことができます。
 

1日で全てを完結させる超プチ断食、週末を利用したプチ断食など取り入れ方は様々ですが、働きながらでも取り入れる事ができる断食は是非取り組んでほしい健康法のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です