週末断食のどのぐらいの頻度で行う?

Pocket

ダイエットってなかなか続かないですよね。口では痩せるっていっても行動が伴わないこともよくありますよね。実は、ダイエットの成功率は20%というデータもあるそうです。
 

それくらい失敗する人が多いダイエット。継続的にできることがダイエットを成功する近道といえるでしょう。断食ダイエットを行ううえで、効果的な頻度はどれくらいだと思いますか。
 

1.断食ダイエットは難しい?

 

断食ダイエットは食べないダイエットです。食べないダイエット、食事制限をするダイエットはその反動でリバウンドが多いダイエット方法だといわれています。
 

せっかく苦しい思いをしてダイエットをしたのにリバウンドをしてしまえばもったいないですよね。
 

断食道場などというように泊りがけでやるダイエットや治療の意味も含めて入院したりする断食を断食期だけでなく回復期も含めて長期間でサポートします。
 

それには費用も伴いますが、それほど「食べない」という極端なダイエットは難しいということがわかると思います。
 

2.自宅で断食できる?

 

だから、自宅で断食をするということも無理のない範囲で、ということが大切になってきます。食べないと心に決め、根性がある人は食べないことにいくらでも取り組めるかもしれません。
 

でも、食べないことで出てくるエネルギーや意欲の低下、栄養バランスの低下はコントロールできないし、食べ始めてすぐリバウンドをしてしまう事例も多数あります。
 

では無理のない範囲、かつ断食の効果が出る範囲とはどれくらいの頻度なのでしょうか。無理のない範囲、それは人によって違うでしょう。普段から食が太い人はたとえ一食でもしんどいと思います。
 

しかし、基本的に人間は多少食べないでも生活できるように栄養やエネルギーを貯蓄しています。むしろそういった貯蓄をなくしたくてダイエットに励んでいる人も多いくらいです。
 

だから多少食べなくても普通に生活できるのです。ただし、仕事や学業などの意欲の低下は大体48時間後くらいから現れるといわれています。これももちろん目安ですが。そういった意味では、週末のプチ断食が個人で行う健康的な断食という意味ではベストです。
 

3.効果のでやすい頻度とは?

 

かといって毎週回復期も含めて時間をとることは難しいですよね。女性の場合生理の時などは行えません。そういったことを考えると、毎月生理後の痩せやすい時期にチャレンジするといったことが取り組みやすい頻度ではないでしょうか。
 

頻度を増やせば増やすほど体が慣れて効果は出やすいかもしれません。ただし、冒頭に言った通り続けることが大切です。月に1回、1年間(12回)続けることができれば体はきっとスッキリするしそもそも痩せやすいからだになるでしょう。
 

このように断食も継続的に行う必要があります。効果を早く出したければ毎週行うことも、毎日夜ご飯を1ヵ月抜き続けることも可能です。ただし、人は制限されすぎると意欲をなくします。
 

あなたにあった「続けられる」方法を選びましょう。断食は痩せるため、という人も多くいるとは思いますが、痩せやすいからだを作る手段でもあることを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です