週末断食はどのぐらいの頻度でする?


デトックス効果があると評判の断食は、ひとつの健康法としても注目されています。断食することで自然治癒力が高まり、大方の病気を治し予防にも徹してくれます。
 

その為、医師が患者に断食を勧めることもあるようです。しかし基本的には水以外のものを口にしない断食は、空腹に耐えかねず途中で中断したり、最初からやろう!という気さえ起こさない人もいるでしょう。
 

そこでおススメなのが週末断食です。休日を利用した週末断食なら成功しやすく、きっと納得のいく効果を得られるはずです。
 

1.週末断食とは?

 

週末断食は週末の2連休を利用して行うファスティングのことです。方法は至って簡単で、金曜日を準備期間とし昼食を腹八分目に留めて夕食は通常よりも半分の量で済ませます。
 

間食や夜食は一切食べず、夕食も就寝3時間前までには終えるようにしましょう。土曜日、いよいよ断食を行います。いつもよりも多めに水を飲むよう心がけ、激しい運動はせず読書や散歩などをして一日を過ごします。
 

日曜日は回復期間です。朝食はお粥の上澄みや更に薄めたものを食べ、昼食頃からはお粥をゆっくりとよく噛んで食べるようにします。夕食からは普通食に戻しますが、暴飲暴食はせず腹八分目で済ませるようにしてください。
 

断食を行うことで内臓を休ませ、本来の機能が回復するようになります。現代人ならではの栄養過剰で溜まった脂肪を捨て、毒素や老廃物、それに老朽細胞や病細胞など身体に害を及ぼすものを排出し、さらに抵抗力が増すようになります。
 

そんな魅力的な効果を秘めている週末断食は、どのくらいの頻度で行えば良いのでしょう。
 

2.週末断食の頻度とは?

 

週末断食を行う頻度は、やれるのであれば毎週行うことをおススメします。身体への影響を心配される人もいるかもしれませんが、1日~3日程度の断食であれば悪影響を及ぼすどころか身体の消化器官を休める良いきっかけとなります。
 

これにより新陳代謝が良くなり、脂肪を燃焼しやすい身体へと変わることが出来るのです。また便秘で悩まされている人も断食を行うことで、生命活動である消化と吸収がストップし排泄1本になり、便秘改善はもちろん宿便をも排出することが出来ます。
 

例え便秘で悩んでいない人でも宿便はあるものです。宿便は時に命に関わる大病の原因になることもあるので、自覚が無くても行っておくと予防対策にも繋がります。
 

3.断食成功のポイントとは?

 

ここでひとつポイントですが半日断食を行う際、固形物を食べない代わりに酵素ドリンクを飲むようにしましょう。また毎週やるのであれば、普段の食事の量を6~8割に抑え、魚や肉や卵などの頻度を下げるよう食生活改善も取り入れると尚効果的です。
 

基本、断食に関しては必ずこうしなくてはいけない!というルールはありません。それを裏付けるかのようにプロによって推奨している方法に多少の違いがあります。
 

要はどの方法が1番自分に合っているのか、そして続けられるのか見極めることが重要なのです。週末断食でも少しツライかも…という人は、朝食だけを抜く半日断食というのもあります。
 

まずはいろいろと試してみないことには何も始まりませんね。