宿便から腹痛に!断食で治ります!


現代病のひとつと言われている便秘。女性に多く見られがちな症状ですが、近頃では便秘で悩む男性も増えているようです。便秘で長く溜まった便は宿便として腸の中に留まります。
 

1.宿便が溜まるとどうなる?

 

宿便は頭痛や肩こり、めまい、倦怠感をはじめ、口臭や体臭、それに吹き出物やアトピーなどの肌トラブルの原因にもなり兼ねません。さらに脳や心臓の血管が詰まる脳梗塞や心筋梗塞、ガンなど命に関わる病気を引き起こすこともあるのです。
 

宿便は誰にでもあり、例え毎日便が出ている人も例外ではありません。あらゆる病気の原因となる宿便を改善する為には、断食が効果的と言われています。この機会に断食で腸内環境を整えてみませんか?
 

2.断食が宿便に有効な理由とは?

 

そもそも何故、断食をすれば宿便がなくなるのかというと、食べることを止めた体内では生命活動である消化と吸収がストップし排泄1本に絞られます。
 

これによって余分な毒素や老廃物、つまり宿便を含めた害あるものを排出することができるようになるからです。また断食をすることで、善玉菌が増えたり代謝が上がったり、さらには身体の抵抗力が増すなど自然治癒力を高める効果が期待されています。
 

一種の健康法として患者に勧める医師もいるくらいなので、効果の高さは保証されているようなものです。
 

3.どうやって断食を進めたらよい?

 

では具体的にどのように断食を進めれば良いのでしょう。断食を行う上で重要なのは本番よりも準備期間と回復食です。まず1日目は昼食の量を腹八分目にし、夕食は普段の半分の量で就寝3時間以上前には済ませます。
 

飲酒は禁止で、普段よりも多めに水分を摂るようにしてください。そして2日目は水以外のもの口にしない本断食となります。水は意識して多めに飲むようにし、激しい運動は避けて散歩や読書などをして過ごすようにしてください。
 

3日目は回復食を食べる日となります。朝食はお粥の上澄みだけを飲み、昼食からはお粥をゆっくりとよく噛んで食べます。決して暴飲暴食をしないよう、少なめに抑えるよう心がけて下さい。
 

断食といっても様々なやり方があります。今回紹介したのは1日だけのプチ断食ですが、他にも朝食だけを抜く半日断食や2~3日行う本断食など生活にあったものを選ぶと続けやすいでしょう。
 

酵素ドリンクを取り入れたり、食生活を改めることで更に良い効果をもたらしてくれます。ただ4日以上の断食は専門的な知識がなければ危険行為になるので、断食道場などの施設で行ってください。
 

腸内環境が悪ければ悪いほど宿便は溜まっていきます。早めに宿便を排出しなければ、最悪の場合、命に関わることもあるのです。
 

便が出る気配はないのに腹痛に悩まされる、度々下痢の症状に見舞われる…、など思い当たる点があれば宿便が溜まっている証拠。
 

また毎日便が出ている人でもだいたいは宿便が溜まっているものです。個人差にもよりますが、2~3キロほど宿便が溜まっていることはよくあり、排出できれば一気にダイエット効果も得られます。
 

悪影響を及ぼす宿便を断食で排出し、便秘知らずの身体を手に入れましょう。