プチ断食の効果とは?危険性も教えて!

Pocket

「プチ断食」というのは、1日だけや週末だけなど、短期間のみ行う断食のことをいいます。長い期間断食をするというのは、つらいものがありますよね。
 

そういった時に嬉しいのが、週末のみでもできる「プチ断食」なのです。さて、この「プチ断食」にはどういった効果があり、どんな危険性が潜んでいるのでしょうか?
 

1.プチ断食の効果を教えて!

 

まずは効果について、その実態に迫ってみたいと思います。食べ物を食べないということで、消化器官が活動しなくても良くなりますね。そのため、いつも忙しく働いてくれている消化器官を休ませてあげられるということがあります。
 

また、デトックス効果があるということですね。人間は生きていれば、老廃物が体内に蓄積していくものです。そういった老廃物を体外に出してあげることで、体内をきれいにできるということです。これがデトックスなのです。
 

物を食べなければ、やはり体重は減っていくでしょう。食事をしないと、その分普段より水分も摂取しないことになります。そうなると、筋肉も段々と落ちていきます。これが、体重が減る理由です。
 

筋肉の量が減ってしまうと基礎代謝も落ちるため、リバウンドにもつながるので気をつけたいですね。前述のデトックスにも同じことがいえますが、大腸や肝臓をきれいにすることができるのも嬉しいですね。
 

2.プチ断食の危険性とは?

 

続いて危険性についても考えてみましょう。断食をすれば、痩せるということはいえるでしょう。けれど、それが癖になってしまってやめられないという状態になることもあります。
 

過食になってしまったり、嘔吐を何度もする、生理が止まるなどといった症状に陥りかねません。
 

過度な断食ではなく「プチ断食」なら、そういった危険も少ないと思われますが、本格的な断食をするのならば、医師などに相談して、指導をしてもらって行うのが一番ですね。
 

3.水を飲むだけの断食は危険!

 

ちなみに、水を飲むだけの断食も注意が必要です。水を飲むことは、それ自体は解毒作用があるので良いことです。しかし、体内の塩分が少なくなるのは危険です。
 

人は汗をかきますね。そうすると水分が排出されますが、塩分やミネラルも一緒に出ていくことになります。水を飲むと水分は補給されますが、塩分などは足りないままというわけです。こうなると体調も悪くなってしまいますね。
 

もちろん、水だけでは基礎代謝を上げることはできませんので、活動にも多少支障が出るかもしれません。とはいっても、1日だけ水のみで過ごしても倒れるということはまずないと考えて良いでしょう。
 

よく、ボクサーの方が苦しい減量をするといいますよね。ボクサーの方は、ただやみくもに断食をしていると思っているでしょうか?実は、それは違うのです。
 

専門家の指導の下で、適切に管理を受けているからこそ、健康を害することなく減量することができているのです。素人が断食をするのは危険を伴うので、自己流で行うのは控えた方が良いのです。
 

以上のように、「断食」や「プチ断食」の効果や危険性を把握した上で、無理のないダイエットをしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です