プチ断食で体にはどんな変化が起きるの?


断食っていっても、イスラム教のように何日もかけて行っていくものもあれば、1日や半日だけのお手軽な断食もあります。本格的な断食になると知識が必要になるので、気軽にできるプチ断食がおススメです。
 

でも、プチ断食だっていろいろな変化が起こります。中でも、体調の変化を感じている人が多いみたいなんですが、身体にどんな変化が現れるのか知っていますか?
 

1.プチ断食で体調不良になるの?

 

まず、断食を行うと好転反応といって寒気がしたり頭痛がしたりすることがあるんです。もちろん、断食をしているすべての人にこのような変化があるわけではないですし、好転反応の大きさも個人差がかなりあるのが現状です。
 

断食をしている時に起こる寒気というのは、断食中は水以外の食べ物を食べないわけですから、摂取エネルギーがおのずと少なくなってしまいます。つまり、体がエネルギーの消費を極力抑えようと働くようになるため代謝が下がってしまうんです。
 

だから、寒気が起こるという仕組みなんですね。でも、一枚多く着込んだり水の代わりにお湯を飲むようにしたりすると寒気は緩和します。
 

2.どうして頭痛がおきるの?

 

また、好転反応の一つとしてよく現れる頭痛。頭痛って普段でも嫌なものですよね。断食中に現れる頭痛は、日ごろ塩分が多い食事を摂っているとなることがあるんだとか。
 

断食することで血液が浄化されて、血液中の塩分濃度が低くなります。すると、血液の流れが良くなるので血圧が安定して頭痛を引き起こすと言われています。
 

耐えられない頭痛以外は、好転反応の一つなのでゆっくり横になって過ごすなどしてリラックスしていれば、徐々に良くなってきます。が、あまりにひどい頭痛の場合は、ひとつまみよりも少ない塩を舐めると頭痛が緩和されるのでおススメです。
 

ただ、頭痛が酷いからと言って薬を飲むことだけは極力避けてくださいね。なぜなら、胃の中にないもはいっていない状態での薬の服用は、体調不良を引き起こすきっかけになってしまうからです。
 

3.どうしても頭痛に耐えられないときは?

 

断食をしていることによる好転反応だったとしても、耐えられる場合と耐えられない場合もあります。もしも、あまりにもひどい症状が出てしまった時は、断食をいったん中止することも忘れないでくださいね。
 

体調がとても良い時にもう一度始めればいいのですから、苦痛を我慢してまで行うことはないんです。ただ、体の中に蓄積されている老廃物やコレステロール、脂肪などが多くなればなるほど好転反応も大きく出ることがあるんです。
 

身体から悪いものが排出される際の体調の変化なので、簡単に言えば好転反応が出ているということは、断食に成功しているということでもあります。そう考えれば、寒気や頭痛も嬉しいものに変わりませんか?
 

少しずつではありますが、症状は収まってきます。ずっと続くものではないので、断食中は心配せずにリラックスして過ごすことが大切です。本を読んで過ごしたり横になったりと気持ちと体がリラックスして過ごすことができるようにするといいですよ。