飲み会前日の断食は効果があるの?


飲み会、食事会はダイエットの大敵です。ダイエット中のときは食べたいもの、お酒も極力控えて我慢していますよね。飲み会や食事会では日ごろ我慢している食べ物、お酒がたくさん目の前に並んでしまいます。
 

周りの雰囲気に流されて我慢できず食べてしまう、今まで我慢していたストレスで食べすぎてしまう可能性大です。飲み会の翌日に体重を計って後悔してしまったこともあるのではないですか?その翌日以降焦って断食する方もとても多いですよね。
 

1.飲み会の前日に断食してよい?

 

飲み会や食事会を楽しく過ごす、体重を気にせずに食べたり飲んだりするには、事前に断食を行うと効果的なんですよ。飲み会や食事会はどうしてもカロリーオーバーになりがち。
 

そのカロリーオーバーする分を飲み会の前に調整しておくのが太りにくくするコツなんですね。断食は飲み会や食事会の前日に行うのはおすすめできません。
 

たった一日だけ実行するプチ断食がありますが、前日、そして翌日は消化の良い物食べるようにすすめられるからです。断食の目的は弱っている胃腸の働きを休ませて、その機能を回復させることにあります。
 

プチ断食を行って十分休んだ胃腸にいきなり脂っこい物やお酒が入ってきたら、胃腸にとってそれはかなりの重労働になります。それではせっかく回復しかけた機能をまた弱めてしまうことにつながってしまうんですね。
 

2.どうして前日の断食はダメなの?

 

また断食を行うと老廃物の排泄が促進されて代謝がアップ。痩せやすい体になれます。しかしながら断食中、体は、飢餓状態にあるため血糖値が下がっています。
 

そんな体に突然血糖値の高い物を与えてしまうと、血糖値が急上昇。それを抑えるインスリンというホルモンが分泌されますが、これには脂肪の合成をすすめる働きもあります。
 

せっかく代謝がアップして痩せやすくなったのに、これではせっかくの断食効果が半減してしまいますね。
 

3.前々日のプチ断食がおすすめ!

 

そこでおすすめなのが飲み会の前々日にプチ断食を実行する方法です。飲み会、食事会の3日間をかけてプチ断食を実行しましょう。飲み会、食事会の3日前は断食に入るための準備期間です。
 

この日から胃腸に負担のかかりにくい消化の良い物を選んで食べるようにしておきます。こうしておくとたった一日だけのプチ断食でも断食の効果が得られやすくなります。
 

断食の翌日はいきなり胃腸を働かせないように、消化吸収の良い物を選んで食べるように努めます。そして飲み会、食事会当日も朝と昼は軽めに済ませておきます。
 

だいたい飲み会、食事会は夜に行われることが多いですよね。朝と昼でカロリーを抑えておくと夜食べすぎてしまった場合でもカロリー調整が行いやすくなりますね。
 

プチ断食を飲み会前に行うと食べすぎを防ぐ効果もあります。準備期間を含めて飲み会、食事会の前は消化の良い物を食べるようにしたり、食べる量を制限したりします。
 

食べる量が減ると自然と胃が小さくなります。そのおかげで飲み会、食事会で大好きな物が目の前に並んでいても、少量で満足し食べすぎないで済むわけです。