酵素断食と味噌汁断食のメリットとは?


酵素断食とは、市販されている酵素ドリンクなどを使い、断食中には酵素ドリンクのみを口にすることによって生命維持に必要なミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養成分を摂取するという断食方法です。
 

1.酵素断食のメリット・デメリットとは?

 

酵素の働きによって断食中でも満腹感を得ることができるというメリットがありますが、酵素ドリンクは自宅で手作りするには時間もコストもかかるため、市販のものを購入しなければいけないというデメリットがあります。
 

市販の酵素ドリンクは多くのメーカーから多種多様な原材料のものが販売されていますが、どれも数十種類の原材料から酵素が抽出されていたりして栄養価は満点。
 

しかし、購入価格がとても高くて長く続けることが難しく、熱に弱い酵素は非加熱処理で抽出しなければいけないため、特有の臭いや味に対して抵抗感を持ってしまう人は少なくありません。
 

2.味噌汁断食のメリットとは?

 

そんな人にオススメなのが、味噌汁を使った断食方法です。日本人の食生活に馴染みの深い味噌は、大豆を原料として作られている食材ですが、高い栄養価があるのでダイエット中にはおすすめの食材です。
 

また、味噌を購入すれば自宅で自由に具材をアレンジしながら手作りできるので、長く続けたい人にとっては低コストで続けられるという特徴があります。
 

味噌汁断食を行う場合には、具なし味噌汁でも良いのですが、味噌汁に合った野菜や海藻、菌類などをたっぷり入れて具だくさん味噌汁にしてもOKです。
 

断食中にはどのようなスタイルの味噌汁でも一日一杯しか飲んではいけないというルールがありますが、一杯の中に満腹感のあるジャガイモやサトイモ、サツマイモなどをたっぷり入れたりして栄養満点にしても、断食効果にはマイナスの影響はありません。
 

味噌汁断食を行う際には、いくつか注意点があります。それは、味噌は栄養価が高い食材ですが、あまり濃い味噌汁にしてしまうと塩分の過剰摂取になってしまうので気を付けましょう。
 

だしをきかせたり、食材の風味を生かしたりするなど工夫して、味噌はあまり濃すぎないように気を付けたほうが、高い健康効果が期待できます。
 

3.酵素断食と味噌汁断食のコラボがおすすめ!

 

酵素断食と味噌汁断食をコラボすることもできます。酵素商品の中には錠剤やカプセルタイプになっていて、携帯しやすい形状のものもありますし、粉末タイプになっていてコップ一杯の水で溶かして飲めるものもラインナップされています。
 

そのため、外出することが多い人なら酵素断食を行い、自宅で味噌汁を作れる週末には味噌汁断食に切り替えるのもOKです。また、酵素ドリンクを朝一杯飲み、夜は味噌汁断食にする、と言う方法もおすすめです。
 

断食ダイエットはいろいろな方法がありますが、液状にすれば一日何回栄養補給をしても問題ないので、朝には酵素ドリンク、夜には味噌汁と言う方法なら満腹感も維持しながら楽しく断食が続けられそうです。
 

一緒に飲む場合には、酵素は熱に弱いので、味噌汁と別にして飲むようにしましょう。味噌汁に混ぜてしまうと、酵素が熱によって破壊されてしまうので注意してください。