酵素を使った断食も回復食が大切!

Pocket

最近では、食べ物に困ることがなくなりました。家にいても何か食べ物がありますし、外へ出るとすぐにお店が見つかります。24時間開いているお店もあって、いつでも食べ物が手に入ります。
 

生活している中で、食事は3食とる習慣が身について、あまりお腹が空いていないのに時間が来たら食べている…。そんな人は多いのではないでしょうか。お腹がぐ~っと鳴ってお腹すいた!と感じることが減ったと思いませんか?
 

そこで、固形物をとらない断食を行ってみるのも良いでしょう。内臓を休めリセットすることで、体に溜まった老廃物が排出されます。ここでおすすめするのは、酵素を使ったプチ断食です。
 

断食というと、何も食べない、飲まないと思っていましたが、それではあまりにもつらいので、酵素飲料を飲んで断食してみましょう。
 

1.酵素断食の方法とは?

 

この酵素断食は、2日間は固形物を食べずに酵素飲料や水分だけ飲んで過ごします。起きている間は、2時間から3時間おきに酵素飲料を飲みます。
 

もしお腹が空いて我慢ができない時は、具なしのみそ汁や野菜ジュース、豆乳などを飲みます。固形物は食べないようにしてください。そうでないと、胃腸が消化のために働くことになってしまいます。
 

できるだけ負担がかからないように水分だけをとるようにします。もちろん、水もたくさん飲んでください。野菜ジュースは、砂糖などを使っていない、100%野菜汁のものにします。
 

2.空腹には豆乳を!

 

豆乳は、良質なたんぱく質ですからたくさんとっても大丈夫です。酵素飲料を豆乳で割ってもおいしいです。2日間も固形物をとらないけど大丈夫なの?と不安に思うかもしれませんが、酵素や野菜ジュース、豆乳などで栄養分はしっかりとれています。
 

栄養不足になることはありませんので安心してください。断食なんだから、できるだけ我慢するぞと張り切る人もいますが、慣れていないとつらいだけです。
 

お腹が空いたら豆乳を飲もうとか、にんじんジュースを飲もう!と決めていたらあまりつらくありませんよ。
 

3.プチ断食も回復食が重要!

 

酵素断食は、2日を超えてやらないようにしてください。専門家の指導があれば別ですが自分で家でする場合は2日間が限度です。
 

そしてその後、回復食となるわけですが、断食が終わったとたん、どっさり食べてしまうとそれまでの努力が水の泡になってしまいます。断食明けは、重湯や具なしみそ汁、そしてお粥、豆腐、など順序立てて徐々に固形物を増やしていくようにしましょう。
 

空っぽの胃袋にいきなりとんかつなんかを入れてしまうと、脂分などすべて吸収してしまいます。きちんと2日間酵素断食を行えば、だいたい2kgから3kgは痩せられるので、それが一気に戻ってしまわないように回復食は手を抜かないようにしましょう。
 

お粥を作るのが面倒だというなら、今はレトルトのお粥も売っていますね。それを利用すれば良いです。断食をすると、体はもちろんですが心もすっきり晴れやかになると言われています。
 

ダイエットだけでなく、気分をリフレッシュしたいなと思った時に、このような断食をすると良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です