血圧が高い?断食に下げる効果はあるの?

Pocket

少し血圧が高めだったり、高血圧気味の人にとって食事の内容というのはかなり重要ですよね。塩分を摂りすぎないように、また糖分も少なく、など気をつかわなければいけないことばかりです。
 

逆に今まで味の濃いものを好んで食べていた人は、健康のためとは思っていても薄味になれるまでに時間もかかると言われていますし、ご飯の支度をする側も大変なのが事実。
 

1.おすすめはプチ断食

 

賛否両論はあるものの、血圧を安定させ、下げる効果があると言われている断食は、食事療法としても注目されています。
 

ただ、本格的な断食となると、専門の知識がある人の指導のもと行わないと健康を害してしまうことがあるので、ごくごく一般家庭で行うことができるプチ断食がおススメです。
 

本格的な断食が習慣となっているイスラム教では、ラマダーンと呼ばれる月の日に、日の出から日没までを絶食する断食があります。一度はテレビなどで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。
 

断食というと宗教的なつながりが大きいように感じますが、ここ数年で日本でもダイエットや体質を変えるという目的で行われるようになってきているんです。
 

2.断食は血圧を下げる?

 

ネットで調べてみたところによると、実際に血圧の高い人が短期間で行うことができる一日断食や半日断食を行ったところ、血圧が下がったというデータもあったようです。
 

これには諸説ありますが、消化吸収できる食べ物を食べないことによって、体の中に蓄積してしまった、いわゆる脂肪や血液中のコレステロールをエネルギーとして消費することができるというんです。
 

さらに、体の中の毒素や老廃物を排出させてくれる効果も断食にはあると言われているので、健康面以外にもダイエットにも適していると言われているのはこのためです。
 

3.どうして血圧を下げる効果があるの?

 

血圧が高めの人に良く見られるのが血管が硬くて細くなってしまっているというところなのですが、断食することで血液中のコレステロールなどをエネルギーに変えられれば、血管の状態も良くなります。
 

なので、血圧が安定してくれるんです。また、必然的に食べ物を摂らないわけですから、血圧が下がるというのはごくごく当たり前のことではありますが…。
 

ただ、断食で得られる血圧降下というのは一時的なものなので、一ヶ月に一度ないし数ヶ月に一度くらいのペースで断食を行っていくといいと言われているんです。
 

断食と言ってもいろいろです。本格的なものになれば数日間食を絶つことになりますし。手軽にできて体に無理が生じないように行うことが大切なので、一日や半日だけ行える断食をまずは取り入れてみましょう。
 

断食で血圧を下げる効果があるとは言われていますが、医学的に認められているわけではないので、もしも高血圧で病院に通っていたり服薬するものがあったりすれば、断食を行う前にかかりつけの病院の担当医に相談をしてくださいね。
 

無理が生じてしまうと血圧を下げるばかりか逆効果となってしまうこともありますから、健康に悪影響を及ぼさないためにも、とにかく「無理をしない!」ということを念頭に置いておくことを忘れないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です