回復食のおすすめはスープ!断食中に作っておこう!

Pocket

断食は、ダイエットや健康維持、美容に効果的で、さまざまなダイエット法や健康法、美容法がある昨今、とても人気を集めている方法です。断食というと辛く苦しいイメージを持つ人も多いかもしれませんが、修行で行われるような辛いものではありません。
 

1日から3日だけ自分に無理のない期間を設定して断食を行います。週末など休みを利用して行う人も多く、1日行うだけでも十分断食の効果を実感出来ますよ。断食は通常の食事(固形物)を摂らず、内臓の働きをリセットさせることを目的として行います。
 

内臓を休めることで、老廃物の排出が活発になり、宿便が排出され、身体の中を綺麗にすることが出来るのです。
 

1.断食中は何を食べたらよいの?

 

『断食』と『絶食』とは違います。食べ物も飲み物も絶つ絶食に対し、断食は固形物を一切、口にしませんが、飲み物なら口にしても良いというルールのもとで行っていきます。
 

断食をしている時に飲む飲み物は、アルコールやカフェインが入っていないものなら何でも良いです。水だけで行う人や野菜スープ、野菜ジュースを使って行う人も多くいます。
 

最近では、酵素ドリンクを使って断食を行う人も増えました。スープで断食を行う場合は、味付けを控えめにして固形の具材を入れないようにしましょう。野菜ジュースの場合も、濃縮還元されたものよりストレートがおすすめです。
 

2.断食の前日には何を食べたらよい?

 

断食に入る前日の夜は、食事を少なめにして下さい。身体に、断食を始めるにあたっての準備期間を作ってあげます。断食当日からは固形物を摂らず、飲み物だけで自分の設定している日数を過ごします。
 

初めての断食の場合は、1日でも大丈夫です。断食を終えたら固形物を身体に入れて行きましょう。断食を終えたからといって、すぐに通常の食生活を送ってはいけません。回復食で身体を固形物に慣らす時間をとって下さい。
 

3.回復食が一番重要!その方法はこれ!

 

回復食を摂る日数は、断食をした日数と同じだけ設けて下さい。この回復食の期間をどのように過ごすかで、断食の成否が決まります。回復食は重湯からスタートし、おかゆ、白米と徐々に固形物を摂るようにして下さい。
 

断食中にスープをたくさん作っておけば、その中に細かく刻んだ野菜などを入れたり、おかゆ代わりのリゾットにしたり、回復食にリメイクすることも出来ますよ。
 

断食をしていた胃の中にいきなり消化の悪いものや、脂っこいものは入れないようにしましょう。断食により『食べたい』という欲が膨らんでしまうこともありますが、その欲に流されてしまってはいけません。
 

断食で胃を休ませた意味がありませんからね。胃に負担をかけるだけではなく、せっかく小さくなっている胃が膨らんでしまい断食後に太る原因にもなってしまいます。
 

断食は内臓を休めるだけでなく、新陳代謝を活発にさせたり、脂肪を燃焼させたりする効果も期待出来ます。細胞の生まれ変わりが活性化されるので、身体だけではなく、心もスッキリさせてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です