回復期間にお酒やコッテリ系の食事はNG?おすすめの料理を教えて!

Pocket

断食中に限らず回復期間にも牛肉、豚肉、魚などの動物性の脂質やアルコールの摂取は控えましょう。動物性の脂質はカロリーが高いものが多くリバウンドの原因となりさらにデトックスしたばかりの胃腸に大きな負担をかけます。
 

また、アルコールは肝臓への負担が大きく回復期間も摂取を避けましょう。絶食がおわった後も1週間程度は飲まないのがおすすめです。
 

他にもコーヒー、唐揚げなど油を使った料理、チーズ、甘いお菓子類、多量の塩分を含むもの、マヨネーズ、ドレッシング、タバコなども避けましょう。最低でも絶食後に絶食した日数分の期間食べないようにします。
 

1.回復期間にお酒やコッテリ系の食事がNGの理由は?

 

回復期間はダイエット効果だけでなくその後の体調にも関係します。断食直後の胃腸などがデットクスされた状態でカロリーが高い食事をすると胃腸に負担がかかりリバウンドの可能性が高まります。
 

それだけでなく、体内がきれいになった状態に毒素を新たにいれてしまうことで体調が悪化する場合があります。回復期間が終わるまでが断食ですので最後まで気を抜かずに断食をおこないましょう。
 

回復期間中の回復食の食事内容は注意が必要です。回復食は、胃腸に刺激を与えず消化しやすいことが最大の条件です。断食直後は舌の感覚が敏感になるため薄味のものをゆっくりとかんで食べましょう。
 

2.断食直後のおすすめ料理は?

 

断食直後の回復食は重湯がよいとされています。重湯はおかゆの上澄み部分で液体のため胃腸に負担をかけません。回復食が進むにつれ少しずつ水分量を減らしたおかゆに変えていきましょう。野菜をすりつぶして加えると味に変化がでますよ。
 

薄味の野菜スープやみそ汁は回復食に適しています。断食直後は具がないスープやみそ汁を飲みましょう。2日目以降は具入りのスープやみそ汁を飲みましょう。
 

豆腐は良質の植物性のたんぱく質がたっぷり含まれており消化がよいです。その中でも体を冷やさず食べられる湯豆腐は2日目以降の回復食に適しています。昆布だしに少しの塩で食べるのがおすすめですが少量のポン酢なら使用してもよいでしょう。
 

3.断食3日目以降のおすすめ料理は?

 

3日目以降の回復食は植物性の固形物を食べていきます。納豆には良質なたんぱく質、ビタミン、鉄分、マグネシウム、カルシウム、食物繊維も含まれており回復食にふさわしいです。
 

漬物も回復食にふさわしい一品でビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれており消化吸収を助ける働きもあります。
 

断食後は消化吸収器官の働きも弱くなっています。消化器官に負担をかけないように少しずつ普通食へと慣らしていくために回復食は赤ちゃんの離乳食とほぼ同じ内容です。
 

そのことからも分かるように回復食は胃腸に優しく消化のよいものをとるようにしましょう。そうすることで断食後のリバウンドも予防することができます。
 

断食は定期的に続けると効果的ですのでまずは月1回から始め段々慣れるにつれて月2回さらに毎週へと移行していくことがすすめられています。無理をせず定期的に長く続けられるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です