自宅で簡単にできる断食メニューを教えて!


断食をする際には、水だけでなく低カロリーの食材を利用して、体に必要なミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養素をしっかり摂取することが、きれいに痩せる秘訣となります。
 

1.断食は水だけ飲めばよい?

 

水だけで空腹を必死に耐えていても、短期間で大幅に減量することはできますが、体に必要な栄養素が不足することによって集中力がなくなってしまったり、体に力が入らなくなってしまったり、また、肌荒れを起こしやすくなるなど、様々なトラブルを引き起こす原因となってしまいます。
 

きれいに痩せたいという人は、断食期間中には自分で栄養補給をする方法や食材をあらかじめ探しておくことが必要です。
 

2.自宅での断食を行う方法とは?

 

自宅で簡単にできる断食方法をご紹介します。まず、水分補給ですが、水は飲みすぎと言うことはありませんから、1日当たり最低でも2リットルを目安に飲むように心がけましょう。
 

ただし、冷蔵庫で冷やした冷たい水は、体を冷やして体温を下げ、免疫機能の低下につながってしまうので、あまりお勧めではありません。最低でも常温野水、できれば少し温めた白湯などを積極的に飲みたいものです。
 

ビタミンやミネラル、食物繊維を簡単に自宅で摂取できる方法はいろいろあります。
 

市販されている青汁や酵素ドリンク、野菜ジュースなどを利用するのも良いですし、ミキサーがある家庭なら、野菜やフルーツ、豆乳、ヨーグルトなどをミキサーにかけて、ヘルシーな栄養ドリンクを作るのも良いでしょう。
 

断食期間中には、固形物を食べる場合には1日1食が原則となりますが、体内吸収率の良いドリンクなら、1日2回ぐらい飲んでも問題ありません。朝と夜、朝と昼など、ライフスタイルに合わせて飲みやすい時間帯を選ぶと良いでしょう。
 

初めての断食に挑戦する人には、味噌汁がおすすめのメニューとなります。味噌汁は普段から飲みなれている食品ですし、具材によっては低カロリーでもかなりの満腹感を得ることができるので、断食中の空腹に耐えられない人にはおすすめです。
 

トン汁のように肉を入れてしまうとカロリーが高くなって断食効果が低くなってしまうので、味噌汁に入れる具材は基本的には野菜類や海藻、菌類などに制限したほうが安心です。
 

野菜の中でも、食物繊維が豊富な根菜は大きな満腹感が期待できるので、サツマイモやサトイモ、ジャガイモなどをたっぷり入れて断食中の空腹を抑える工夫をするのも効果的です。
 

3.断食中の注意点とは?

 

断食中には、できるだけパンやお米などの炭水化物は控えましょう。炭水化物は、1日の活動の中でエネルギーとして燃焼されなかった部分は体脂肪として蓄積されてしまうので、ダイエットとは相反作用がある栄養素です。
 

短期間できれいに痩せるなら、炭水化物は控えて、代わりに豆腐などをミキサーにかけてドリンクにしたり、味噌汁の具材として使ったりなどして、お腹を満たしてあげると良いでしょう。
 

どうしてもお米が食べたい人なら、マクロビダイエットで1日1食の玄米を食べるという断食方法に挑戦するのがおすすめです。