1週間の断食は効果大!どんな結果が出るの?

Pocket

ダイエットや健康増進、美肌つくりのために断食に励む人が多くなりました。1~3日の断食を行う人が多いのですが、本格的に身体をリセットさせるために、1週間の断食を行ってみると身体の違いをより実感することが出来ますよ。
 

断食は、固形物の食事を摂らないことで、内臓の消化、吸収の働きを休ませます。排出機能が高まるため、身体に溜まってしまっている毒素を排出することが出来るようになるのです。
 

食事からエネルギー源を得られないので、体内に蓄積された脂肪をエネルギーとして燃焼するようになるため、ダイエット効果も非常に高いのです。
 

1.1週間断食を行う時の注意点を教えて!

 

①準備期間と回復期間をしっかり設ける
 

1~3日の短期間の断食と違い、1週間断食を行う場合、回復期間はもちろん準備期間も非常に大切になります。断食をしている1~2日は準備期間として設定しても良いでしょう。
 

準備期間の間に、断食を始めることを身体に覚えさせるようにします。1週間という長い間断食を行うと、回復食を食べ始めたときに食欲が爆発しそうになることがあります。
 

このときに回復食の期間とルールを守らなければ、1週間の断食が無駄になってしまうので注意しましょう。
 

②適度な運動をする
 

1週間断食を行っていると、身体はエネルギーを捻出するために備蓄された糖質をエネルギーに変えはじめます。備蓄エネルギー源は、肝臓のグリコーゲンや筋肉、脂肪です。
 

肝臓のグリコーゲンを使い果たすといよいよ脂肪が燃焼され始めますが、筋肉も多少減ってしまうのが現実です。筋肉が減ってしまうと、基礎代謝が下がり痩せにくい身体になってしまうので、筋肉量を減らさないためにも適度な運動で筋肉に刺激を与えることが必要となるのです。
 

③体調が悪くなったら中断する
 

好転反応や断食反応と呼ばれる、断食を行ったときに見られる症状以外のものが現れたときには、断食を一旦中止してください。好転反応や断食反応が異常に強い場合も、断食を中断するのが賢明でしょう。
 

2.1週間断食の結果を教えて!

 

1週間断食に成功すると、体重が3~5キロ減少します。回復食を食べ始めて宿便が出ると体重がガクっと落ちるのです。断食中は、筋肉量も減少しやすいので、断食を終えた後も適度な運動は続けるようにしましょう。
 

1週間の断食で5キロ減った場合は、1キロ体重が戻るくらいが理想です。断食を終えた直後、体脂肪を計ると断食前よりも増えている場合もあります。これは、身体が断食によって水分や筋肉も減少しているために起こります。
 

3.断食後が重要!

 

1~2日後に体脂肪率を計ると減少していますので、断食失敗だと落ち込まないようにしましょう。断食の結果を維持するのは大変難しいことです。断食と回復食の期間を終えたからと、断食前と変わらない生活を送り始めると断食の効果が持続出来ません。
 

断食が終わっても、普段の食生活に気を使ったり、適度に身体を動かしたりすることで断食の結果をキープ出来ることを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です