二日間の断食ダイエットには何を食べたらよいの?


普段から内臓を酷使している人にとっては、二日間の断食ダイエットでたくさんの効果を実感することができます。
 

夜遅くに食事をしたり、消化が悪いものを食べてしまったり、間食が多かったりすると、内臓には絶えず負担がかかってしまいますから、消化機能に携わる臓器は慢性的に疲れてしまう事になります。
 

私たちの体でも、疲れがたまっているのにゆっくり休めないと、疲れがどんどん蓄積されてしまい、やがては大きなトラブルの原因にもなりかねませんよね。
 

内臓も同じで、疲れが蓄積されていくと、消化機能が低下して便秘になりやすくなったり、太りやすくなったり、さらには体内に毒素が貯まりやすくなるなどのトラブルを起こしやすくなります。
 

1.どうして断食が疲れた内臓におすすめなの?

 

そんな時にオススメの断食ダイエットは、疲れている内臓を一時的にお休みさせることによって、ダメージを修復したり、機能をリセットする効果が期待できます。
 

ただし、断食中に何も食べないのでは基礎代謝が下がって、やめた時にあっという間にリバウンドしてしまうので、断食と言っても体に必要な最低限の栄養成分はキチンと摂取しなければいけませんよね。
 

どんな栄養成分が良いかというと、ミネラルやビタミン、食物繊維などが良いのですが、固形ではなく消化吸収が良い液状になっている方が、素早く消化されるのでおすすめですね。
 

2.断食には何を食べたらよい?

 

具体的にどんなものが良いのかと言うと、野菜ジュースや青汁、酵素ドリンクなどが良いですね。
 

栄養価が高くカロリーが少なく、新鮮な原料から抽出された酵素がたっぷりと入っているこうしたドリンクなら、断食中の空腹を軽減しながら効率的なダイエットができます。
 

中でも、酵素は代謝機能や消化機能を活性化する働きがあるので、断食期間中にはぜひ積極的に摂取したい成分です。酵素ドリンクのように市販された商品を利用するのも良いですし、野菜ジュースを手作りしてもたっぷりと摂取できます。
 

3.二日間の断食ダイエットの効果とは?

 

二日間の断食ダイエットでは、腸内をすっきりとお掃除して宿便を排出したり、中の毒素を排出できるデトックス効果も期待できます。
 

腸内環境を改善するためには、断食をして一時的にお休みさせてあげることも良いですし、腸内の蠕動運動を活性化する働きをする善玉菌や食物繊維をたっぷりと摂取する方法もおすすめですね。
 

善玉菌を多く含んでいる食材と言えば、ヨーグルトや納豆などが思いつきますが、これらを断食中に食べても、栄養摂取効果とともにデトックス効果が期待できます。
 

ただし、いくつか注意点があり、ヨーグルトを選ぶ際には、できるだけ糖質が少ない無糖タイプを選んだほうが良いでしょう。せっかくダイエットのために断食していても、糖質が入っているとカロリーが高くなってダイエット効果が半減してしまいます。
 

また、納豆を食べる際には、豆の粒が大きいと消化に時間がかかってしまいますから、小粒タイプを選んだり、すりつぶして消化しやすい形状にしてから食べるなど、工夫するのもおすすめです。