二日間の断食ダイエットの方法を教えて!


体内に蓄積されている毒素をすっきりと排出できるデトックスを目的としてダイエットをする場合や、内臓のダメージを修復したり、体調を改善するために断食するという場合には、あまり長期間無理な方法で断食ダイエットをする必要はありません。
 

1.ダイエットのための断食は何日すればよいの?

 

日数的には二日間ぐらいあれば十分に目標を達成することができます。断食ダイエットと言っても何も食べないわけでもなければ、水しか飲まないというわけでもないんです。
 

基礎代謝を下げないためには酵素ドリンクや青汁、野菜ジュースなどを使って最低限の栄養補給をしてあげなければいけませんよね。
 

しかしそれでも、それまでは普通に食べていた食事ができなくなるので、誰でも空腹を感じますし、精神的に食べられないことがストレスになってしまう事もあります。
 

また、間違った方法で実践してしまうと、やめた後にすぐにリバウンドする原因にもなってしまうので、わずか二日間と言ってもきちんと正しい方法で行いたいものですね。
 

2.二日間の断食ダイエットの方法を教えて!

 

二日間の断食を行う際には、その前は1日かけて消化が良い準備食を食べるようにしてくださいね。
 

食材はできるだけ消化が良いものを選び、固形物だと消化に時間がかかってしまうので、柔らかく煮たり蒸したりしたものをすりつぶして消化が良い状態にしましょう。
 

ご飯なら固形の白米ではなくおかゆにするなど、工夫してくださいね。この時、揚げ物や炒め物などはNGです。糖質と脂質はできるだけ控えたほうがおすすめです。
 

3.断食中は野菜ジュースや青汁、酵素ドリンクがおすすめ

 

二日間の断食ダイエットでは、最低限の栄養補給をするために、青汁や酵素ドリンク、野菜ジュースなどを摂取することになります。
 

青汁や酵素ドリンクなら市販のものでも安心ですが、野菜ジュースの場合には市販のものだと添加物や糖質などが入っていることもあるので、自宅のミキサーを使って、新鮮な緑黄色野菜をジュースにする方法がおすすめです。
 

酵素や食物繊維を摂取することによって、満腹感が出て断食中の空腹を軽減できるだけでなく、含まれている酵素を摂取することによって、消化機能や代謝機能の機能改善効果が期待できますね。
 

こうしたドリンクは、カロリーはほとんどありませんし、消化機能や代謝機能を活性化しながら基礎代謝を落とさないようにするためには、一日に何回も栄養補給をする方法が効果的です。
 

目安としては、2時間ごとに野菜ジュースなどをコップ一杯飲むことによって、体に必要な栄養補給ができるとともに、空腹も少し緩和できます。
 

空腹を緩和するポイントですが、ジュースを飲む際に口の中で何回か噛んでみると唾液が出ると同時に満腹中枢が刺激されるので、より大きな満腹感を実感することができます。
 

コップ一杯をただゴクゴクと飲んでしまうよりも、噛みながら飲んだほうが唾液と一緒に消化機能に送られるので消化吸収も効率的に行われやすくなりますし、一石二鳥の効果が期待できます。
 

自宅にミキサーがある人は緑黄色野菜でジュースを手作りするのも良いですし、忙しい人やバランスの取れた栄養摂取をしたい人なら、市販の酵素ドリンクや青汁を使うのも効果的ですね。