平日に断食ダイエットをしたい!方法を教えて!


体内の毒素や老廃物をすっきりとデトックスでき、短期間でスッキリと痩せることができる断食ダイエットは、平日でも週末でも行うことができます。しかし、仕事をしている人にとっては、平日と週末とでは生活のリズムが大きく異なります。
 

1.平日断食のメリットとは?

 

平日は仕事が忙しいから、ダイエットで空腹を我慢するのはキツイからいや、と言う人もいれば、お腹がすいている時に何もすることがないとイライラしてしまうから、ダイエット中は空腹を紛らわすためにも忙しくしていたいという人もいます。
 

平日に断食ダイエットをする場合には、仕事をすることによって空腹を紛らわすことができるという大きなメリットがあります。
 

が、正しい方法で行わなければ一日の活力の源となるエネルギーが不足してしまい、集中力がなくなり、元気が出ないなんてことにもなりかねません。
 

2.平日に断食ダイエットをする注意点とは?

 

平日に断食ダイエットを行う際には、水しか飲まないというダイエットではなく、酵素ドリンクや青汁など、低カロリーで効率的に栄養補給ができる方法で、ミネラルやビタミンなどを体内にしっかりと摂取することが大切となります。
 

断食と言うと「水しか飲まないダイエット」をイメージする人が多いです。
 

が、実際には水しか飲まないダイエットをすると体内の栄養バランスが一気に崩れてしまうため、体調を崩しやすくなったり、すぐにリバウンドしたり、などの問題が起こりやすくなります。
 

そのため、一日に摂取するカロリーは徹底的に抑えながらも、ミネラルやビタミンなど、人間が生命活動をする際に必要となる栄養素はキチンと摂取してあげることが大切です。
 

3.平日断食の方法を教えて!

 

具体的にはどのような方法で行えばよいのでしょうか。自宅にミキサーがある人なら、野菜とフルーツを入れたグリーンスムージーを朝食に飲み、その後はお腹がすいたと感じたら2時間~3時間おきに酵素ドリンクを飲むという方法がおすすめです。
 

酵素ドリンクの代わりに青汁を飲んでも良いですが、青汁は一日に何杯も飲んでしまうと栄養成分によっては過剰摂取となってしまうので、多くても一日コップ2杯までに抑えた方が安心です。
 

外出先や職場などで飲む場合には、個別分包されている市販の栄養補給ドリンク剤を使うのがおすすめです。また、水分補給はたっぷりと行う必要がありますから、一日最低でも2リットルを目安にした水分摂取を行いましょう。
 

断食ダイエットをすると、誰でも空腹を感じやすくなります。酵素ドリンクや青汁などを飲むことによって、酵素や食物繊維などの成分が満腹感を得るサポートをしてくれるので、こうしたドリンク剤は少量をこまめに飲んでできるだけ空腹にならないような工夫も良いでしょう。
 

平日にダイエットをすることは、摂取カロリーを劇的に減らすだけでなく、仕事をしていたりして一日に燃焼するエネルギー量が多ければ相乗効果によってより大きなダイエット効果が期待できます。
 

断食ダイエットは長くても最長3日までに抑えておいた方がリバウンドの確率が少なくなりますが、3日間で最大限に痩せたいなら、休日よりは平日の断食ダイエットの方が大きな効果が期待できそうです。