半日断食の成功のポイントを知りたい!


断食が健康にも美容にも効果があるのは知っているけれど、丸一日何も食べないのは辛そう…と感じている方におススメな半日断食。半日だけの断食で済むので、手軽に始められ尚且つ十分な効果が得られると好評です。
 

1.半日断食の効果とは?

 

半日だけで本当に効果が得られるの?と疑う方もいるでしょう。半日断食はポッコリお腹やイライラ、抜け毛や体臭などを引き起こす万病の元となっている宿便を排出したり、疲れにくい身体を作ります。
 

また朝からやまもりのご飯を食べるよりもスタミナが付くということでマラソン選手や世界選手権を前日に控えた力道山も実際に取り入れていました。
 

肥満解消はもちろん動脈硬化や心臓病、それに糖尿病などあらゆる病気の治療法としても注目されている半日断食はどのように進めれば良いのでしょう。
 

2.半日断食の方法とは?

 

半日断食は朝食を抜くだけの、至ってシンプルな方法です。まず始めに、前日の夕食を腹八分目で済ませた後、夜食や間食を一切せずに就寝します。起床後は朝食を抜いて、その後、昼食まで固形物を食べるのは禁止となります。
 

この時、口にして良いものは水もしくは柿の葉茶のみです。当日の昼食と夕食は普通メニューで構いませんが、腹八分目までに留めておくことだけは守るようにしてください。以上が半日断食の簡単な流れです。
 

ポイントとしては、前日の夕食と当日の昼食・夕食を腹八分目にすること、食事中と食後3時間は胃酸を薄めて消化が悪くなるので水分をとらないことです。そして特に重視してほしいのは、最低でも18時間の断食を心がけることです。
 

例えば前日の夕食を17時に済ませた場合、翌日の11時まで食事は禁止となります。逆に考えれば12時に昼食を食べたいのであれば、翌日の夕食は遅くとも18時には済ませなければいけない、ということになります。時間のことも考えながら進めてみて下さい。
 

3.半日断食成功のポイントとは?

 

丸一日の断食に比べると非常に取り入れやすく、成功しやすい半日断食ですが、それでも初めのうちは空腹に負けてしまいそうになるでしょう。ツライ時はあまり無理をせず、身体を慣らしていく感覚で始めると良いかもしれません。
 

朝食の量を少しずつ減らし、最終的には断食という形に出来れば十分です。また朝食にスムージーや青汁などを代用すると、早めに空腹にも耐えてくるようになります。朝食を抜くことが苦にならなくなったら、半日断食をスタートしてみましょう。
 

だいたい週に一度のペースで半日断食を行えば、健康的で痩せやすい身体へと生まれ変わることが出来ます。よく子供の頃に「朝食を抜くと集中できない」、「太る原因」と言われたと思いますが、その考えには全く根拠がないことが分かっています。
 

朝食を食べれば脳はブドウ糖をエネルギー源としますが、逆に食べなければ脂肪をエネルギー源にするので集中力が低下するどころか支障をきたさずに脂肪燃焼に繋がります。
 

朝食を抜いたとしても必要なエネルギーは足りているので、身体に害をもたらすようなこともありません。ポイントを抑えながらすれば無理なく続けられ、満足のいく結果を得られるようになるでしょう。