半日断食にはどんな効果があるの?


近頃、流行っている断食にはデトックスをはじめ、脂肪燃焼や免疫の向上、腸内環境のリセット、そして内臓を休ませ働きを回復するなど、あらゆる効果が得られると言われています。
 

誰もが魅力に感じる断食はダイエットを目的にしている女性や、健康を意識している男性など老若男女問わず人気を集めています。しかし丸一日の断食をするのは難しそうで出来るかどうか不安…という方もいるでしょう。
 

そこで一般的な断食よりも手軽に出来る半日断食に挑戦してみてはいかがですか?方法も至ってシンプルで、尚且つ魅力的な効果ばかり得られます。この機会に是非、半日断食のことを調べてみましょう。
 

1.半日断食の方法とは?

 

そもそも半日断食は、夕食を食べた後から次のお昼までの約18時間何も口にしない、要は朝食を抜いた方法となります。例えるならば、健康診断前日の夕食後から何も食べない感覚と同じです。
 

そう考えると決して難しいことではないように思えますよね。この半日断食、方法は簡単ですが得られる効果はたくさんあり、多くの人たちが求めるものばかりなのです。
 

2.半日断食の効果とは?

 

半日断食をすることで得られる効果は様々あります。その中でも代表的なのはデトックスです。そもそも人間は食事をした後、完全に消化吸収し排泄するまで約18時間かかると言われています。
 

普通に朝食を食べてしまうと排泄する前に、また食べ物が入ってきて消化機能が働きます。これでは24時間フル活動で働くので、結果として内臓機能が低下してしまうのです。
 

しかし半日断食を行うことで完全に消化し、排泄するところまでいけるので内臓機能も高まり、今まで溜まっていた老廃物や毒素を排出することが出来るようになります。
 

さらに体臭やイライラ、抜け毛、ニキビなどを引き起こす宿便の解消にも繋がり、ダイエットや美肌効果の期待も大きいです。
 

3.半日断食は医学的にも効果あり?

 

半日断食にはデトックス以外にも自己融解が起こる効果もあり、血管内に溜まっているコレステロールの塊が解消され血液をキレイにする役割も持っています。
 

花粉症やアトピー性皮膚炎をはじめ気管支喘息や高血圧、動脈硬化、心臓病など命に関わるほどの大病の治療手段としても用いられていて、半日断食を勧める医師もいます。
 

他にも疲れにくい身体を作ったり、健康的な体質への改善、代謝アップ、血流促進、そして便秘解消の効果も一緒に得ることが出来るので、まさに理想的な方法と言えるでしょう。

ダイエットや美肌、それに健康にも良いと評判の半日断食ですが、朝食を抜くことで抵抗を感じる人も少なからずいるようです。確かに昔から朝食を抜くと頭の回転が遅くなる、太るなどと言われてきたかと思います。
 

しかし朝食を抜いたところで集中力が低下するどころか、脂肪をエネルギー源として脳が使用するので脂肪燃焼へと繋がる、というわけです。
 

また朝食を抜くと太る、というのも根拠のない話になるので鵜呑みにはしないように気をつけましょう。道具要らずで医者も勧める半日断食を早速始めてみませんか?