半日断食は毎日しても悪影響はない?


半日断食は丸一日の断食に比べ、やりやすく成功しやすいというメリットがあります。休日や食べ過ぎた次の日に実践する方が多いようですが、半日断食はあまり空腹感も感じられませんし、集中力も高まるので仕事がある日にもおススメです。
 

1.半日断食の方法とは?

 

方法は至って簡単で、前の日の夕食後からお昼まで水以外何も口にしてはいけない、つまり朝食を抜くだけがルールとなります。朝食を抜いて本当に大丈夫?と心配される方もいるでしょう。
 

半日断食のことをよく知れば、そんな心配も解消されますしきっと毎日でも取り入れたいと思うはずです。
 

2.朝食を抜くと不健康?

 

ダイエットや美容、それに健康の為に半日断食を毎日の習慣にしている方は老若男女問わず多くいます。
 

ここで1つ心配になるのはやはり、朝食を抜いてお昼まで頑張れるのか、ですよね。そもそも朝食を食べないと頭が働かない、太るという考えは間違いであることを覚えておいてください。
 

では何故、1日3食が基本となってしまったのでしょう。そこには今と昔の食べ物で得られる栄養量が大きく関係しています。
 

昔は今よりも1食で得られる栄養が少なく1日2食だけでは栄養不足になってしまいますが、現代の食事は逆に得られる栄養量が多く、1日に3食を食べるとなると栄養過剰となりがちです。結果的に、これがメタボや糖尿病などの生活習慣病の原因のひとつとなっています。
 

栄養過剰だから1食抜くのは分かったけれど、朝食よりも夕食のほうが良いのでは?という疑問も浮上してくるかと思います。これは夕食を抜いてはダメ…というよりも、朝食を抜いたほうがより良い効果をもたらしてくれるからなのです。
 

朝、ご飯を食べると脳はブドウ糖をエネルギー源として活動します。しかしここでご飯を食べないでいると、脳はブドウ糖ではなく糖を脂肪から作り出してエネルギーとして使うようになるのです。
 

さらに疲労感や倦怠感が無くなり、集中力が高まるとも言われています。最初は1週間に1回のペースで行い、慣れてくれば毎日続けるよう習慣づけると体調の変化に驚くことでしょう。
 

3.半日断食のポイントとは?

 

では、ここで幾つかポイントを抑えておくと初めてでも半日断食を続けやすいかと思います。
 

  • 昼食と夕食は腹八分目に抑える。
  • 夕食を済ませた後は、間食や夜食を取らず翌日の昼食まで18時間空ける。
  • 昼食までは基本水のみだけれど、どうしても耐えられない時はフルーツを食べてしのぐ。
  • 水は最低でも700ccは飲むようにする。
  •  
    以上のことを踏まえて是非、挑戦してみてください。
     

    半日断食は手軽に始められる毎日できるダイエット法、そして医師も勧める健康法です。そして妊婦さんや授乳中の方にとっても、つわりが軽くなったりムクミ解消、そして体重増加の予防にも繋がるのです。
     

    赤ちゃんへの影響や母乳を作る身体なので丸一日の断食はおススメ出来ませんが、半日であれば全然問題はありません。まずは担当医師に相談してから、毎日の習慣に取り入れてみてはいかがですか?