肌断食で美肌になろう!方法を教えて!


女性にとってスキンケアは、肌を良い状態に保つためにとても重要な存在となっているでしょう。化粧品や乳液、それにパックや美容液など入念なお手入れを毎日続けている方も少なくないはずです。
 

しかし、良かれと思っているそのスキンケア、実は肌にとって大きな負担になっていることを知っておかなければいけません。
 

1.スキンケアは肌にとっては不要?

 

そもそも肌は排泄器官であり、自然に保湿や潤いに成分を供給する働きを持っています。これは私たちが化粧品で得ようとしている効果そのものですが、化粧品で補えるどころか大事な排泄機能を止めている原因になっているのです。
 

つまり良かれと思っているスキンケアは、肌にとっては不要なお手入れにすぎないということです。改善する為には、肌の常在菌バランスを整えるために、スキンケアを止めて肌質を変えるのが一番の方法ですが、スキンケアを止めるのはかなり抵抗に感じるでしょう。
 

そこでおススメなのが「肌断食」です。肌断食をすることで、今まで化粧品によって甘やかしていた肌を鍛え直す良いきっかけになります。
 

近頃、美容家たちの間でも話題になっている肌断食は雑誌やテレビでも取り上げられる機会が増え知名度も上がってきました。
 

その為、詳しい内容までは知らないけれど名前くらいなら聞いた事がある、という方も多いのではないでしょうか。

2.肌断食の方法とは?

 

肌断食といっても夜や週末のみに行うなど様々なやり方がありますが、今回は宇津木式を紹介したいと思います。
 

東京都にあるクリニック宇津木流の院長である宇津木龍一医師が考案した宇津木式は、石けんとワセリンのみの使用で化粧品を使わずに美肌になる、というものです。
 

朝は水やぬるま湯で洗顔し、基礎化粧品をつけずに目元のみのパウダーとアイメイク、そしてアイブロウをします。その後、仕上げに色つきのリップをして終わりです。
 

夜はクレンジングを使わずに石けんで洗顔します。落ち切れなかったマスカラはワセリンを染み込ませた綿棒で優しく拭き取れば簡単に落ちるでしょう。最後に唇にワセリンを塗って、基礎化粧品をつけずに完了です。
 

お金も手間も掛からないうえに、肌の再生能力を高める効果が期待できるとあって多くの方が注目しています。
 

3.宇津木式の肌断食が肌に良いわけとは?

 

肌の再生能力が高まれば、肌表面の汚れた角質が古くなり垢として剥がれ落ちるターンオーバーを自然に繰り返すようになり、本来の肌力を取り戻すことができます。
 

これにより肌が白くなりシミが薄くなったり、毛穴が小さくなるなど嬉しい効果が得られるようになります。またガサガサやゴワゴワとした肌質に悩まされていた方も、つるつるな肌へと生まれ変わることが出来るでしょう。
 

宇津木式の肌断食は石けんとワセリンがあれば、すぐにでも始められる手軽さも人気のひとつです。今までのスキンケアが念入りであればあるほど、つるつるな肌になるまでニキビや吹き出物などのトラブルは多く、期間も長めになる傾向が見られます。
 

ただその期間を乗り越えさえすれば、そうした悩みを解決することが可能です。