フルーツ断食中や前後は何を食べる?


最近よく耳にするファスティングダイエットというものをご存知ですか?ファスティングダイエットとはプチ断食とも呼ばれており、3日から1週間の間、酵素ドリンクなどと水のみを摂って生活をするという方法のことです。
 

このファスティングダイエットは、ただ3日の間断食をすればそれでいいというものではありません。実際に断食を行う数日前と、断食が終わってからの1日から2日程度は普通の食事よりも食べる物に注意する必要があります。
 

1.準備期には何を食べる?

 

まず、プチ断食を始める3日から1週間ほど前の期間からはあまり暴飲暴食をしないようにしましょう。食事の内容にも気を遣う必要があります。
 

カロリーの高い洋食や揚げ物は避け、カロリーの低い和食中心のメニューにし、海藻類、豆類、野菜、フルーツなどを中心に食べるようにします。
 

この準備期間がプチ断食の効果に大切な期間となってきます。来たるべき断食に備えて胃腸の中をできるだけきれいにしておきましょう。
 

2.断食中は何を食べるの?

 

プチ断食の期間は基本的に酵素ドリンクや水以外は摂ることはせず、固形物を食べずに過ごします。こうして過ごすことで胃腸を休め、体内にたまった老廃物を排出しやすい身体へと導く効果を得ることができます。
 

また、断食の期間は3日から1週間とされていますが、始めから1週間しようと思わず、まずは3日ほどから試してみましょう。体調の変化を見ながら無理せず続けていくことが大切です。
 

3.回復期のおすすめは?

 

そして、特に大切なのが、プチ断食が終わった翌日からの回復期です。断食が終わった後の胃腸はとてもデリケートな状態になっているので、回復食(復食)を中心に摂るようにしましょう。
 

この時期に脂っこい高カロリーなものを食べたりたくさんの量を食べたりしてしまうと、胃腸に負担になるばかりではなく、カロリーを吸収しすぎてしまい、せっかくの断食の効果が薄れてしまいます。
 

回復食(復食)にはできるだけ消化の良い食べ物を選びます。満腹になるまで食べるなんていうことは絶対に避け、軽い内容の食事を少しずつ摂るようにします。具体的にはお粥や味噌汁、野菜や海藻類、豆腐、フルーツなどがおすすめです。
 

お粥には玄米を使うと更に効果的です。また、回復食(復食)に適した食材のひとつにフルーツがあります。フルーツと葉野菜をかくはんして作ったグリーンスムージーやフルーツサラダなどの消化のいいものを食べて少しずつ胃腸を慣らしていきましょう。
 

生のフルーツと葉野菜で作ったグリーンスムージーは、ジューサーで素材を細かく砕いているため消化が良く、胃腸に優しいというメリットがあります。加えて、身体に不可欠な酵素もたっぷり摂ることができます。
 

また、シロップや豆乳を上手に組み合わせてフルーツにかければ、オリジナルのフルーツサラダを楽しむこともできます。ケーキなどの甘いものを食べたい時期ですが、フルーツサラダなどメニューを工夫することで、十分満足することができます。
 

プチ断食が終わった後の大切な時期には、回復食(復食)にフルーツを上手に取り入れて、できるだけストレスがたまらないように過ごすようにしましょう。