ダイエットのための断食が失敗した理由とは?

Pocket

週末だけ、一日だけ、半日だけと自分のペースでできるプチ断食が人気ですが、成功する人もたくさんいますが、残念ながら失敗する人もたくさんいるんです。
 

せっかく断食をしたのに、失敗してしまったら意味がなくなってしまいますよね。成功する人と失敗する人の違いってなになのかわかりますか?
 

1.断食は辛い?

断食にはどんなイメージを持っていますか?長ければ長いほど断食の効果が実感できる!なんていうイメージを持っている人も多いのでは?残念ながら、この知識間違っているんです。
 

断食は長ければ長いほどいいわけではないんですよね。しかも、3日以上行うような断食は、専門の知識がある方の指導を得ながら行わないと危ないんです。だから、週末のみ行うことができるプチ断食がおススメなんですよ。
 

また、断食というと絶食しなければいけない印象も強いですが、そうではなく、お水は一日に1リットル以上を飲むことになりますし、朝昼晩の食事の時間には、野菜ジュースや100%リンゴジュースを飲むことができるんです。
 

最近は、酵素ドリンクを取り入れるプチ断食もあるので、全くなにも口にできないわけではありません。でも、いつものように食べられないことは食べられないので、全く辛くないかと言えばそうではありません。
 

2.どうして失敗してしまうの?

 

ダイエット目的の断食で失敗してしまう人の多くは、「断食が終わったらあれを食べよう」「これを食べたい」「あそこのお店のあれを食べに行こう」と食べ物のことを比較的考えていることが多いんです。
 

断食後にいきなり普通の食事に戻すことは、断食に失敗する他にも、体調不良を引き起こして下痢や吐き気を催してしまうことがあるので、かなり注意しなければいけないんです。
 

逆に食べるという行為に対してスイッチが入ってしまって、断食によるリバウンドを引き起こすこともあります。
 

3.断食後の食事が重要!

 

断食で一番重要なポイントとなるのが、断食後の食事だと言われているくらいなので、食事には細心の注意を払うことを忘れないようにしてくださいね。
 

かといって、もっとダイエットをしたいからと断食後の摂取カロリーを抑え過ぎてしまうのも良くないんです。
 

もちろん、食べ過ぎるのも良くないですが、活動量に見合ったカロリーを摂取しないと疲れやすくなったり病気になりやすくなってしまうので、その辺の加減が難しいかもしれません。
 

ダイエットは永遠のテーマと言われているくらい、とても難しいものではあります。
 

が、断食は毎日行わないといけない食事制限と比べると、1ヶ月に1度や2ヶ月に1度くらいのペースで行っていけばいいですし、その間の食事は腹八分目を心がけて和食を中心にしていけば、失敗してしまうということも本来は少ないはずなんです。
 

誘惑に負けてしまうことだってあると思います。一日くらい食べ過ぎたからと言ってすぐに失敗につながるということではないですが、心のどこかに思いがあるかどうかで左右されるところも大きいのも事実なんです。
 

せっかく断食をするのですから、ちょっとだけ食事の内容に気を付けて毎日生活することを心がけてきいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です