ダイエット断食が終わった!回復食の注意点とは?


断食でダイエットをすると言うと、苦しいというイメージを抱かれる方も多いかと思います。断食道場などというものもあるくらいですし、食べる事が好きな人にとってはきっと苦行のようにも思えるかもしれませんね。
 

それでも、最近では”ファスティング”や”プチ断食”という言葉も広まってきていて、段々と馴染みの深いものとなってきていて、挑戦している人も多い物です。
 

1.断食終わったらいつも通りの食事?

 

さて、そんな断食ですが、終わったとたんに普通の食事に戻っても良いとお考えでしょうか?答えは違うのです。
 

断食をするということは、胃や腸や休止している状態で、消化をしたり排泄したりすることもいつもよりもずっと活動することが少ないのです。
 

と言う事は、いきなり胃や腸に負担をかけるとどうなるでしょうか。もちろん驚いてしまいますし、対処しきれなくなるでしょう。
 

2.回復食の注意点とは?

 

そんな事がないように、断食後には”回復食”を食べて胃腸を慣らしていかなくてはいけません。断食では”回復食”がとても重要に考えられているほどなのです。では、どの様なメニューが良いでしょうか。
 

まず、お粥や野菜のスープなどのお腹に優しいものが好ましいでしょう。赤ちゃんが普通の食事を食べられるようになるまでの、離乳食の様な感じと考えても良いでしょう。
 

お粥だと味気ない様な気がするかもしれませんが、お腹に負担の少ない物を食べるということが重要なのです。きっとお粥も美味しく感じられるでしょう。ちなみに、いきなり固形物を食べたとします。
 

そうすると、消化できずに栄養素を吸収できなくなるということも覚えておきましょう。
 

”回復食”の期間というのは、断食をした期間と同じにします。例えば、2日間断食したなら2日間”回復食”を食べるようにするのです。胃に刺激のある食材を避けることや、薄味にすることもポイントです。
 

3.回復症におすすめの食材とは?

 

”回復食”に取り入れたいのは、白菜やキャベツなどの水分をたっぷりと吸っている野菜。そして大根や生姜、タマネギも身体を温めてくれるので適しています。
 

おかゆや蕎麦を主食とし、副菜としては大豆製品の豆腐に納豆や、海藻が良いです。
 

また、”回復食”に適していないのは、消化をするのに時間がかかってしまう魚やお肉、そして乳製品に油ものもいけません。消化に時間がかかる上に体内に溜まっていくものとして、小麦製品もこの期間には避けたいです。
 

断食後1週間経ってから食べるようにしましょう。良く噛んで食べるようにして、段々と食べる量を増やしていくようにします。”回復食”では、食べ過ぎてリバウンドしてしまうことも避けたいです。
 

せっかく断食しても成果が水の泡になってしまいますね。いかがでしたか?以上のように断食をした後というのは普通の食事をいきなり食べてはいけないのです。
 

お腹に優しいものから段々と慣らしていくことが重要だということがおわかりいただけたと思います。リバウンドをして、断食を耐え抜いた努力を無駄にしてしまっては何にもなりませんね。
 

そうならないためにも、”回復食”のルールをきちんと守ることが必要なのです。