断食後一日目の食事!何を食べたらよい?


ダイエットにも美容にも健康にもいいこと尽くめと言われている断食。興味のある方も多いのではないですか?週末だけ行うプチ断食や半日断食など、断食と一口に言ってもいろいろな方法があります。
 

が、どんな断食をしたとしても、断食が終わった後の翌日の食事の仕方で、断食の効果を実感することができるかどうかが変わってくると言っても言い過ぎではないんです。
 

辛いイメージがある断食ですが、意外にもできてしまう人も多いので、興味のある人はやってみる価値は十分あるんですが、プチ断食とは言っても正しい方法で行うために、断食についてある程度理解しておくということも大事なんです。
 

では、一番重要だと言われている断食後の食事の仕方をしっかり勉強していきましょう!
 

1.断食後の食事は何を食べる?

 

断食が終わった後の食事は、いきなり普通食に戻してはいけないんです。断食が終わった一日目の一番最初の食事は、重湯と言われているお粥をすりつぶしてドロドロにした10倍粥を食べます。
 

消化がいいということと、何も食べていなかった胃に負担にならないからという理由から重湯がベストと言われているんです。お昼は、形が残っているけれど柔らかいお粥か柔らかく煮たうどんなど消化がいいものに梅干しなどを添えて食べてOK。
 

夜は、普通のお粥に茹でた野菜などがおススメです。断食後の食事で気をつけたいのは、脂っこいものは避ける、香辛料が強いものなどガッツリした食事はまだ摂らないようにするということ。
 

断食で消化活動を休んでいた胃腸ですから、いきなりフルで消化しなければいけないような食事は負担が大きいばかりではなく、体調不良を起こしてしまう可能性が高くなるんです。
 

2.いつから普通の食事にしたらよい?

 

そして、断食後にどのくらいのペースで食事を普通に戻していけばいいのかというと、断食をしたのと同じ日数をかけて食事を元に戻していきます。たとえば、2日かけて断食をしたら、2日かけて食事を元に戻していきます。
 

それに加えて、食事の量は腹7分から8分を目安に摂ることも忘れてはいけないんです。断食に限ったことではないですが、食べ過ぎは何でも良くないですよね。特に、断食の次の日の食事は質素なものを食べることが重要なんです。
 

逆に断食後の食事をいきなり普通に戻してしまったことで、かなり早い段階でリバウンドしてしまったりすることも多くなってしまうんです。消化活動が鈍っている内臓のことを考えて食事をすることを忘れないようにしたいですね。
 

3.おみそ汁を上手に活用を!

 

また、おみそ汁も断食後の食事でおススメの一品になるんです。ただ、断食後のおみそ汁は具なしから始まり、少しずつ具を入れていくことが大切なんです。
 

断食後一日目の一番最初の食事は、重湯のみですが、昼からは具なしのおみそ汁をプラスしてあげることができます。お湯にお味噌を溶かすだけの簡単なものなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。
 

具を入れる時は柔らかく煮ること。ゆっくり良く噛んで時間をかけて食べるようにしましょう。ドカ食い早食いは禁物です。食べたい気持ちもどこかにあるかもしれませんが、そこをぐっと我慢できるかどうかで、断食の効果を最大限に発揮することができます。