断食中の辛い頭痛!対処法を教えて!

Pocket

断食をしているとしばしば頭痛が発生します。これは好転反応の一種で、あなたが正しい断食をしている証です。でもいきなり体調不良が発生するとやっぱり不安ですよね。
 

好転反応で断食が成功しているからといってしんどい思いばかりするのは辛いですよね。好転反応は、正しいやり方をしている人には必ず発生するものなのですが、その発生具合には個人差があります。
 

断食中の生活に支障をきたさない程度のものもあれば、しんどくてつらいこともあります。どういった症状が出てくるかはその時の状態によるので、断食を始める前には好転反応のことと好転反応に対する対処法も知っておいた方が安心です。
 

1.頭痛の時には安静にしておくの?

 

断食中の頭痛に対する対処法としては、まず安静にすることです。特にダイエット効果を求めて断食をする人は断食中に激しい運動をする人も多いです。そりゃそうですよね。体内の脂肪を燃やしたいと思うのが普通です。
 

しかし、好転反応が出ている時は決して無理をしないようにしましょう。好転反応は簡単に言うと、断食によって体内から老廃物が出ようとしている証です。
 

無理をして運動を続けていると体内はせっせと動き続け、休むことを忘れてしまいます。体内が運動によるエネルギーの消費に気をとられて、デトックス効果が減ってしまうという研究も重ねられています。運動は体調と気分が良い時に行ってください。
 

2.頭痛に効く食べ物を教えて!

 

次に、栄養の補給が必要です。ただし、断食中の体内は栄養素が不足しており体内に溜まっている栄養素を順次使っているので、急激に多くの糖分を取ると血糖値の急上昇・急下降を招く恐れがあります。
 

しんどくなると風邪をひいた時同様に、水分補給を兼ねてポカリスエットなどのスポーツドリンクを飲みたくなりますが、それは非常に危険で逆効果です。栄養を補給することは必要ですが、水分の摂りすぎは良くありません。
 

なぜなら水分をとると血液中の糖分が薄まってしまい、せっかくある栄養の濃度が下がってしまいます。断食中の頭痛対策として有効なものは、はちみつです。少量摂取してみてください。
 

他にも加工されていない糖分であれば他でも問題ないですが、果物も自然の物なので良さそうに思われるかもしれませんが、果糖は吸収が早いため血糖値の上昇も急激に引き起こしますから、好ましくはありません。
 

水分を多く含まない野菜などからとれる糖分もはちみつ同様加工されていない甘味なのでオススメです。
 

3.頭痛の時には温める?冷やす?

 

最後に好転反応は体を温める事で緩和できます。何度も言うように好転反応は断食が成功している証拠。できたら諦めずに断食を続けてほしいところです。なるべく日常通り生活できるようにするには、体を温め血行を良くしましょう。
 

そうすれば、体内での血流が良くなり体内の動きが活発になるので好転反応も早く終わります。温め方は、お風呂などいきなり全身を使うと体力を消耗するので足湯や手湯で温めるか、カイロや靴下で補うか、白湯などで口から摂取しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です