断食中に頭痛は好転反応?理由を教えて!

Pocket

断食をしているとしばしば頭痛などの体調不良が発生することがあります。そしてそういう現象が起こったら、断食をしたことで健康被害が発生したと判断し断食を辞めてしまうこともしばしば。これは非常にもったいないことなんです。
 

1.好転反応とは何?

 

「好転反応」という言葉を知っていますか?好転反応とは、もともとは東洋医学や漢方界での用語で治療が成功していることがわかる素晴らしい反応なのです。よく混同される副作用とは全く異なります。
 

例えば、風邪薬を飲んで胃を悪くするように、患部とは関係ないところ悪くなるのが副作用です。
 

一方「好転反応」は、体の悪い個所、つまりこれから治療しようとしている箇所や不良を感じていた場所に現れます。その悪い個所が一時的に更に悪くなる状態で現れます。
 

好転反応の具体的な例をみてみましょう。ニキビの治療をしていたら一時的に他のニキビが発生したことはありませんか?身体的に効果があるお茶などを飲み始めると一時的にだるさが増したり、肌荒れが発生したりしたことがありませんか?
 

こういったものは全て好転反応で不調を感じ、治そうとしている箇所が一時的に悪化するのです。この仕組みを簡単に言えば、その治療が効いているので体内の悪いものが一気に体外に出ようとして発生しています。
 

ニキビで表すとわかりやすいですが、ニキビを治そうとして新しい治療を始め効果が出てくると、体内の老廃物が一気に体外に出ようとして一時的にニキビや肌荒れが発生し悪化してしまうのです。
 

2.断食中の頭痛は好転反応?

断食中に発生する頭痛もこの好転反応なのです。つまり、正しい方法で断食を行うと一時的に体内の老廃物が一気に体外に出ようとしたり、怠けている体内細胞や脂肪が一気に動きだしたりして体内環境が変わります。
 

その影響で一時的に頭痛などといったからだの不調が発生します。他にも断食をしている人でよくあるのが、口臭や体臭が一時的に発生したり吐き気が出たりる事です。初心者だとこういった症状が出ると怖く感じますよね。
 

でも、これは効いている証です。症状が出たからといっていきなり食事を大量にとって体に負担をかけるようなことはしないでください。断食で体内環境が変わり始めているのに、また戻そうとすると余計な力が働いてしまいます。
 

3.好転反応の対処法を教えて!

 

そうではなくこういった好転反応を「成功している」と余裕がもてるように過ごしてください。ただし、どうしてもしんどい場合は決して無理をしないようにしてください。
 

いきなり暴飲暴食をするのではなく、ジュースなどで栄養補給をするようにしてみましょう。こういった好転反応は、正しいやり方をしていれば大なり小なり誰にでも発生します。
 

発生時期も様々で初日の早い段階で好転反応が見られる場合もあれば、回復食の段階で見られる場合もあります。準備期間を沢山とるほど体内が断食を早く受け入れるので早い段階で発生します。
 

発生しているということは、やり方が正しいんだと前向きにとらえ、断食を乗り切りましょう。そうするときっと体の変化が感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です