断食にはヨーグルトが効果があるの?

Pocket

ヨーグルトというのは健康食というイメージも強いのではないでしょうか。そんなヨーグルトを用いたプチ断食というのは、どういった結果をもたらすのか、興味のある方も多いと思います。
 

さて、ヨーグルトは断食に効果があるのでしょうか。見ていきましょう。
 

1.ヨーグルトを使った断食とは?

 

ヨーグルトというと、朝などに毎日食べている方もいるでしょう。「ヨーグルト断食」というのは、この日と定めた日はヨーグルトを主食として食べるという方法の断食法となります。
 

このポイントとなるのは、自律神経を最初に戻すということです。
 

人の満腹感や脂肪が燃焼するといった重要な操作をしてくれているのが、自律神経なのです。この自律神経が乱れると、脂肪が燃やせなくなってしまうので、そうなるといらない脂肪分が身体にどんどん付着していってしまうのです。
 

しまいには痩せにくい身体になってしまうこともあるので、考えると恐い気がしますよね。
 

さらに、老廃物を排出するという作用も、自律神経が操作しているのです。以上のように、さまざまな働きを自律神経が操作してくれているのですが、その活動というのも、いつまでもできるというわけではありません。
 

体内にはいろいろな機能がありますが、いつもずっと働き通しでいると、それぞれに弊害が起こってくることがあるのです。
 

一旦食べ物を口にしないようにすることで、消化をしてくれる器官から固形物などの食べ物を取り除くというのが、断食というものの目的です。それが「自律神経を最初に戻す」ということなのですね。
 

2.どうしてヨーグルトがおすすめなの?

 

では、なぜヨーグルトを食べれば良いのかということを疑問に思うでしょう。それは、消化が良く食感もあるということがあるからなのです。
 

断食のためには、飲み物でも、カロリーを摂らずにすむ消化に良いものもあるのですが、ヨーグルトの場合は「食べた」という感じを味わうことができるというところがポイントです。
 

市販されているヨーグルトで十分なのですが、中でも一番おすすめなのはプロバイオティックスのもので、消化器官の細菌を良くするのに役立ってくれるでしょう。
 

さまざまなところで売られているので、ぜひお試しください。とはいえ、いつもヨーグルトだけではやはり飽きるということもありますので、間にお粥などを食べるというのも良いですね。
 

3.ヨーグルト断食で何キロ痩せる?

 

2日間「ヨーグルト断食」を行うことによって、結果的にどれくらい痩せられるのかというと、平均で1キロから3キロ痩せることができるのです。効果は人それぞれですが、簡単にできるというのはありがたいものです。
 

それに骨や筋肉を作るといった身体に必要なことも補えますし、脂肪を減らすことができるという点も嬉しいですね。
 

ちなみに、水分補給も必要ですし、お腹の足しにもなるので、甘みのない炭酸水を飲むというのも良いでしょう。スーパーなどのお酒コーナーでも売られています。
 

美容にも良いヨーグルトで、自律神経をリセットさせてきれいにダイエットをしていきましょう。きっと心も身体も軽やかになれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です