断食中の運動は禁止なの?

Pocket

ダイエットをするなら、食事を抑えるほかに運動もしなければいけないと思っている方も多いことでしょう。運動をするのは良いことですよね。
 

しかし、断食をしている場合に、運動をしても大丈夫なのでしょうか。断食ということは、食べ物を一切食べていない状態のため、お腹は空ということになります。
 

そのような状態で運動をしても、危険などはないのでしょうか。断食と運動の関連などについて考えていきたいと思います。
 

1.プチ断食なら運動OK?

 

週末のみの「プチ断食」というのもありますよね。こういった場合でも、激しい運動は避けたいものです。断食をしている間なら、運動をすればもっと痩せることができるのでは?と思うかもしれませんが、激しい運動をするのは危険なのです。
 

ジョギングやエアロバイクなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させてくれるので、ダイエットにはもってこいだと思います。「プチ断食」をしているからといって、運動をしてはいけないというわけではないのです。
 

しかし、激しい運動は、断食をしている間は控えるようにしたいですね。
 

2.どうして激しい運動は禁止なの?

 

断食をしているだけでも、1日の摂取カロリーはとても少ないものになります。成人の普段の消費カロリーが2000キロカロリーであるのに対して、「プチ断食」をしていると、摂取できるカロリーが500キロカロリーにまで落ちます。
 

摂取カロリーが少ないと、身体は筋肉などのタンパク質を分解し、エネルギーにしようとします。そうなると、筋力も低くなっていってしまいますよね。そのため、断食中には激しい運動をするべきではないのです。
 

運動をすると、心臓や脳にも負担がかかってしまいます。断食によって血糖値が下がっている状態で有酸素運動をすると、動悸や震えといった症状が出ることがあります。
 

そのほかにも、言動に異常が出ることも考えられるのです。とはいえ、「プチ断食」中は一切身体を動かしてはいけないということではありません。
 

少し身体を動かすことで、気分転換にもなるでしょう。つらい空腹を紛らわせることもできるかもしれません。
 

3.断食中におすすめの運動とは?

 

たとえば、ペースを落としたウオーキングなどが良いですね。景色を眺めながら散歩気分で楽しむことができるでしょう。ちなみに、暑い夏場の場合は特に脱水症状に気をつけて、水分をこまめに摂るようにしましょう。
 

ヨガやストレッチも適しています。激しさがないとはいえ、適度な負荷が身体にかかりますし、身体が温まることで代謝も上げることができるのです。少し筋トレをするのもおすすめです。
 

「プチ断食」をしている間は、お風呂に入る際にもこまめに水を補給したいものです。お風呂に入るのはデトックス効果もありますが、カロリーと水分をかなり消費しているのです。
 

この期間にはサウナも控えるのが良いですね。お風呂上がりには、必ず水か酵素ドリンクを飲むようにしたいものです。断食をしている間は、食事からの水分摂取が減るため、脱水症状になりやすいということを覚えておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です