断食は中性脂肪を減らす効果あり?

Pocket

断食にはいろんな健康効果があるので、試してみたいと思っている人は多いのではないでしょうか?ダイエットはもちろんのこと、成人病予防にも効果があると考えられています。
 

1.中性脂肪はどうして増えるの?

 

よく、健康診断などで「中性脂肪が多い」と言われたけど…という声を耳にします。中性脂肪は運動不足やお酒の飲み過ぎ、食べ過ぎが原因で増えます。
 

中性脂肪はエネルギー源なので、うまく使って消費できると体内に蓄積することはありません。たくさん食べたり飲んだりすると、エネルギーがたくさん体に入りますよね。
 

それが運動不足で消費されないと、余った中性脂肪は肝臓などに蓄積されてしまうんです。肝臓や皮下脂肪に蓄積されてしまうと、メタボリックシンドロームや脂肪肝、動脈硬化など、体に良くないことが起こります。
 

脂肪分の多い食事や、バターや生クリームをたくさん使ったスイーツなどを食べ過ぎるとどうしても中性脂肪が増えてしまいます。
 

また、自分は脂肪分の多い食事やスイーツが好きだけど、食べる量は少ないという人でも運動をしていないなら中性脂肪は溜まりやすくなります。
 

2.中性脂肪を減らす方法とは?

 

中性脂肪を減らすには、食生活の改善が一番です。緑黄色野菜や食物繊維、ビタミン、ミネラルを多くとるようにして、食べ過ぎないようにしなければなりません。
 

糖質や脂質を控えた食事をすると効果的です。そこでおすすめなのがプチ断食です。「プチ」が付きますから数日間食べないという過酷なものではありません。週末だけ断食するものや、朝食だけ断食するもの、いろいろあります。
 

自宅で行う断食は、こういったプチ断食がおすすめです。プチ断食でも体内の機能のリセット効果はあって、その時人間は体内に蓄積された脂肪をエネルギーとして消費するので、溜まっていた中性脂肪は減ると考えられています。
 

断食した時は、それほどたくさんの食べ物が入って来ないので胃腸への負担は軽くなります。蓄積された脂肪はエネルギーとして消費するため血液中に脂肪が溶けだすことはないのです。
 

断食をすることでエネルギーを消費し、新陳代謝機能もアップします。中性脂肪が減るだけでなく、いろんな面でプラスになりますから、プチ断食がおすすめです。
 

3.中性脂肪を減らすにはプチ断食がおすすめ!

 

プチ断食なら、ちょっと食べ過ぎたからリセットしよう、お酒を飲む機会が多かったからやってみよう、という感覚で行えます。食事を飲み物に置き換えるのかフルーツに置き換えるのかは、自分がやりやすい方を選べば良いでしょう。
 

朝食を何かに置き換えたのなら、昼食と夕食は普通に食べられます。空腹を感じる状態では、運動をしなくても脂肪が燃焼するようになっていますから、脂肪が燃焼しやすい体質へ変えていってくれます。
 

プチ断食ですから健康的に続けられるのが良い点です。朝食だけ何かに置き換えるようなプチ断食なら、長期間行っても特に問題はありません。ただし、昼食や夕食は、栄養バランスを考えたものにしないとプチ断食をしている意味がなくなります。
 

中性脂肪を減らすためには、定期的に体をリセットするようにし、暴飲暴食をしないことです。少し心がけただけで、良い結果が出ますのでやりがいがあります。ぜひ次の週末はプチ断食を行ってみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です