断食中も断食後も酵素がおすすめ!


プチ断食は、固形物が食べられないのは1日~2日程度です。ただ、その後すぐに食事を元通りに戻していいかといえばそうじゃないんです。
 

少しずつ食事を元に戻していくための復食期というものがあって、この復食期は断食を行った日数と同じ期間を使っていきます。この時の食事の内容や仕方によって、断食の効果を最大限に発揮することができるかどうかが決まってくるんです。
 

1.復食期とはどんな食事なの?

 

赤ちゃんの離乳食をイメージしてもらえれば一番わかりやすいかもしれないですね。初めて食べ物を口にする赤ちゃんのために、いろいろな食材を柔らかく煮てドロドロにしたりしますよね。
 

そして少しずつ形を残して成長に合わせて形を変えていきます。断食後の食事もこれと同じで、ゆっくり休めた消化器官を少しずつ活動させてあげるために、復食期に当たる食事はとても大切になってくるんです。
 

2.復食期におすすめの食事とは?

 

固形物が少しずつ食べられるようになる復食期ですが、おススメは酵素ドリンクのように手軽に栄養を摂ることができるもの。復食期って、意外に食事の用意をするのが大変なんです。
 

お粥はお粥でも10倍粥といって、お粥をさらにすりつぶしてドロドロの液状にしたりしなくてはいけないんです。おみそ汁も具なしのものにしなければいけなかったり、けっこう手間がかかったりするんですよね。
 

そんな時に酵素ドリンクは、栄養が手軽にとれてしかもお腹に優しいので体調不良を起こすことなく、復食期の消化器官の活動を少しずつ戻してあげることができるんです。
 

3.断食中にも酵素がおすすめ!

 

また、断食中はお水を一日に1リットル以上、朝とお昼、夕方は野菜ジュースや100%リンゴジュースを飲むことができます。この時、野菜ジュースやリンゴジュースを飲む代わりに、酵素ドリンクを飲むのもおススメ。
 

お水で割ってもいいですし、無糖の炭酸水で割って飲んでも良し。野菜ジュースの中に酵素ドリンクを入れて飲んでもいいかもしれないですね。復食期も、お粥の代わりに酵素ドリンクを飲んだりするのもいいですね。
 

もちろん、ずっと酵素ドリンクのままというわけにはいかないので、固形物を食べるようにしなければいけませんが、酵素ドリンクは満腹感を与えてくれるので、復食期によくある物足りなさを軽減させることもできます。
 

ただ、酵素ドリンクを取り入れたプチ断食中と復食期は、水分をこまめに摂ることを忘れないようにしましょう。水分を摂ることでデトックス効果が高くなるからです。
 

この時ポイントとなるのは、冷たいお水ではなく人肌程度の白湯を飲むということ。冷たいお水は体が冷えてしまうので、おススメできません。
 

その点白湯は内臓を冷やさずに済むので、断食中にお休みしていた消化器官への負担がほとんどないというメリットもあるんです。
 

上手に酵素ドリンクを取り入れながら、楽しく断食を行っていってくださいね。1ヶ月に一度、2ヶ月に1度など定期的に酵素を取り入れた断食を行っていくことで、断食の効果をひしひしと実感することができること間違いなしです。