断食中に体調不良?原因と対処法を教えて!

Pocket

断食は、体に蓄積された老廃物や毒素が体外に排出されます。断食を行なっている最中に体調が悪くなることがありますが、これを好転反応と言います。好転反応は人によって症状やその重さが違います。
 

それは、人それぞれ体内に溜まっている毒素や老廃物、そしてその量が違うためです。好転反応の症状には、頭痛、腹痛、便秘、下痢、腰痛、のどの腫れ、吹き出物、めまい、吐き気、寒気、肩こり、体臭や口臭の増加などがあります。
 

しかし、この症状はだんだんと治まっていきますので、安心して断食に取り組みましょう。
 

1.好転反応の原因とは?

 

好転反応の原因は、全身の細胞に蓄積される老廃物が断食をすることで崩壊し、全身の血液に崩壊した細胞が流れ、細胞が新陳代謝する過程で炎症反応が起こるからです。そのため、毒素や老廃物が溜まっている量が多いほど好転反応も大きくなります。
 

好転反応は断食を行うと必ずでるものなので、体調が悪くなっても不安にならずに、毒素や老廃物が体内から排出されてデトックスされていると思い安心して断食を継続しましょう。
 

好転反応がでる時期は、人によってさまざまです。1日目にでる方もいれば復食期間にでる方もいます。準備食期間を長く取れば早めに好転反応がでて、準備食期間が短いと好転反応がでるのが遅いと言われています。
 

2.好転反応が出たらどう過ごす?

 

好転反応の症状がでても、できるだけ普段通りの生活を送りましょう。症状がつらい場合は、体を温めて血行を良くするとラクになります。体内の血液のめぐりを良くして、デトックスを促進させることで症状が緩和します。
 

頭痛や肩こり、腰痛、寒気などにも効果的です。体を温める方法は、カイロを貼ったり、足湯や半身浴がおすすめです。
 

好転反応で体臭や口臭が強くなる場合があります。体臭が気になる場合はお風呂に入ることで解消できますし、口臭が気になる場合は歯磨きや舌を磨きましょう。制汗剤スプレーや口臭スプレーなどを利用するのも良いでしょう。
 

腹痛の症状はカイロで腹部を温め、下痢の症状は我慢をせずに便をだしていきましょう。便秘の症状の場合は、水分をたくさんとったり、フラックスオイルを少量だけ飲むと良いでしょう。
 

3.断食をする時の注意は?

 

断食は前日から準備を始めますので、週末の金土日の3日間を利用して断食を行うことをおすすめします。金曜日の夜は準備日で、夕飯をいつもより少なめにします。
 

土曜日は断食当日で、1日水のみで過ごします。どうしても我慢出来ない場合には野菜ジュースを飲みましょう。日曜日は回復食を摂取する日で、朝食と昼食はおかゆなど消化に優しいものを食べましょう。
 

食べ過ぎや刺激が強い食べ物は胃などの内臓に大きな負担となるので、回復日の食事には気をつけましょうね。
 

断食によって体内の消化器官を休め、蓄積された体内の老廃物を体外に排出します。そうすることで新陳代謝が活発になり、脂肪が燃焼されて体内が綺麗になり、健康になります。
 

効果的に断食をして、好転反応症状を緩和させながら、体内のデトックスやダイエットを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です