断食で体質の改善はできるの?

Pocket

断食をすることによってアトピー性皮膚炎が治ったという報告もあげられているように、断食は体質改善にも効果的です。断食をすることで人間が本来もつ力を呼びおこすことができるのです。
 

1.断食が体質改善に効果的な理由とは?

 

人は生活していく中で臓器を酷使しがちです。その為、内臓の役割や本来もつ力が低下してしまうことは多々あります。その代表的なものが自然治癒力や免疫力です。
 

こういったものは暴飲暴食を繰り返したり不規則な生活や偏った食生活をしていたりするとすぐに低下しがちです。若いうちは若さでカバーできますが、年齢を重ねるとそういうわけにはいきません。
 

25歳が若さの最高潮といわれます。それまではどんなことでも若さと体力でカバーできますが、それを超えるとどんどんパワーは低下していくと言われています。こういった現状の中で、人間が本来もつ力をいかに呼び覚ますかが重要です。
 

2.どんな変化があるの?

 

具体的にどんな体質改善ができるのでしょうか。まず、消化器官の能力向上です。消化器官は食事をすることによって働く内臓で、食事を消化し、必要な栄養素を吸収したり必要な形に変換したり、不要なものを排出したりする役割をもっています。
 

人間が生きるうえで非常に重要な役割をしています。これらの臓器は毎日必死で働き続けています。人間は週休2日なのに、臓器は動きっぱなしです。そして1番最後の役割である排出にまで力が及ばなくなります。
 

こういった臓器を休めてあげることによって、力を温存して排出力を高め、不要な物質を排出する役割があります。このデトックス効果の中で断食の効果があらわれやすいのが腸内環境の改善です。
 

消化器官である腸も休めてあげることによって老廃物の排出に力を入れる事ができます。その為たまりにたまった老廃物を排出し、腸内環境をキレイにしてくれます。
 

腸内環境をキレイにすることで便秘や下痢の改善のみではなく美肌効果なども得る事ができます。
 

そして、肝臓の効果も高める事ができます。年齢を重ねてお酒が弱くなったと感じている人も多いのではないでしょうか。肝臓の役割は、体内の有毒物質の解毒機能を果たすことです。
 

有毒物質はアルコールのことも指します。年を重ねるごとにアルコールが弱くなっている人は肝臓の働きが弱くなっている可能性が高いです。肝臓は、その役割の高さからキャパシティオーバーとなっている場合が多くあります。
 

これも断食で物質がやってくることをストップすることで、排出に専念し不要物を排出するだけでなく、排出に対する機能を高めることができます。肝機能を高める事でアルコールの分解力も高める事が出来ます。
 

3.アレルギーにも効果あり?

そして、花粉症などのアレルギーも断食で改善することができます。花粉症っていきなりなりますよね。それはなぜか。有害物質、つまり体にとっての不要物が一定量蓄積されたからです。アレルギーも同様の原理です。
 

ただし、生まれ持った体質などもあります。アレルギーは細胞や血液レベルなので個人的に行う断食では完全になくすことはできないかもしれませんが、断食でデトックスを行うことでかなりの軽減は期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です