断食は宿便に効果があるの?

Pocket

宿便って知ってますか?宿便とは、蓄積されている便のことです。ただ、どれだけ快便の人でも腸に汚れは残っておりそれが溜まっていることも宿便というそうです。
 

1.宿便とは何ですか?

 

どんな人でも平均3~5キロの宿便を持っているといわれています。これだけの宿便が全て出るだけでもダイエットになりますよね。ぜん動運動の隙間に溜まっている、いわゆるゴミのようなものも宿便です。
 

拡張した腸管内に、前に食べた食事がある程度の量、古い食物残渣として残ります。宿便はこういった「残り物」のことをいいます。怖いですよね。さらにこの宿便はどんどんどんどん溜まっていくのです。
 

そして古い宿便ほどとれにくくなってしまいます。また、こういった宿便を「餌」にして病気の原因となる菌も元気になってしまいます。宿便って本当に恐ろしいものなんです。
 

実は私は宿便だらけでした。見たわけでもないしこんな汚い話をいきなりぶっちゃけましたが、腸内環境が非常に悪くそれが断食をしてみようと思ったきっかけでした。
 

「あらゆる病気に腸内環境が影響する」こう唱える医者が注目された時期もありましたよね。そういった情報も私も腸内環境を改善しようと思ったきっかけです。
 

2.宿便のなくす方法とは?

 

宿便を解消する方法は2つあります。それは医療機関で行う腸内洗浄と、腸を一切使わないことです。
 

腸を一切使わない、つまり食事をして消化を行わないことなので断食ということですよね。断食は、腸を休ませることで腸内環境を整え宿便を排出する力を持っているのです。
 

それはどういう仕組みなのでしょうか。ただ食べないだけで、腸を使わないだけで長年蓄積した宿便が出るというのはよくわかりませんよね。その理由は、常に動きっぱなしの腸を休めることによって運動が活発になるからです。
 

皆さん普段から体を休めていますよね?多くの人は昼間働いて夜お風呂に入ってお布団でゆっくり休む。このお風呂やお布団でパワーをチャージして、翌日の活力にしています。毎日3分の1程度の時間休むことによって体力を蓄えています。
 

3.断食は効果があるの?

 

では、腸はどうでしょう?朝、昼、晩人間が食事をすれば、1日中消化をしていることになります。脂っこいものや甘いものなど消化しにくい食べ物を食べていればなおさらです。
 

だんだん疲れて消化する力も弱くなっていってしまいます。人間は週末や長期休暇でパワーを蓄えますよね?腸だってお休みを与えてあげる事で、元気になって動きが活発になるのです。
 

さらに断食をして食事をとらないことで、いつも通り動いていても腸内の掃除にパワーを使うことができ腸内環境がきれいになるのです。
 

このように断食のパワーは普段酷使している腸などの内臓を休ませてきれいにすることや、今後のパワーを蓄えて動きを活発にすることにあります。断食によって腸内環境をきれいにして宿便を出せば、病気にもなりにくく体重も減るのです。
 

たった数日でこれだけの効果が得られるのであれば、断食がいかに良いことであるかがわかりますよね。腸の元気は、体の元気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です