断食で自然治癒力アップできる?

Pocket

断食は、自然治癒力をあげるための方法としても注目されています。医療的な観点から注目されている人も多くいます。
 

世界的な報告を見ると、自律神経失調症の人がほかの治療は全くせずに1ヵ月断食を行うだけで治療に成功した例や、アトピー性皮膚炎の人が断食を週1回のペースで続けることで1年後には大幅に症状が改善したなどの報告があげられています。
 

また、断食は世界各国で昔から行われている健康法でその歴史からもその効果の偉大さを感じる事ができます。
 

1.自然治癒力とはどんなもの?

 

そもそも自然治癒力とは、人間が怪我をしたり病気をしたりしたときに体が自然に治ろうとする力です。具体的な例は、だれもが体験したことがあるであろう「かさぶた」ではないでしょうか。小さいころ外で走り回ってこけてしまったことがありますよね。
 

その時、血が出てなきわめいたのではないでしょうか。その時はすごく痛いし血にびっくりしたのに、血って案外すぐとまるし翌日にはかたまって硬い皮膚で覆われますよね。
 

このように怪我をするとすぐ体が機能する力、これが自然治癒力です。医者の技術が発展していない昔でも人々が大病を乗り越えてきたのだから、人間には偉大な治癒力が備わっていることがわかりますよね。本当に人間って不思議です。
 

2.断食に自然治癒力がある理由

 

断食の効果には、ちゃんとした生理学的な裏付けがあります。消化器官と呼ばれる胃や腸は非常に重要な役割をしています。
 

これらは、からだの中で最も大きく、かさばった器官であることからもわかるように、消化器は普通に働くだけで大量のエネルギーを消費しています。
 

年齢や性別、行動にもよりますが人は基礎代謝だけでも1000kcal以上あります。プロスポーツ選手などは倍、いや3倍もある人も沢山います。それだけ体は常に動いているのです。
 

食べないという単純な行動によって消化器系を休ませると、からだは余った大量のエネルギーを体内の悪い部分の治癒や改善のために使うことができ自然治癒力を向上させることができるのです。
 

多くの場合、病になるとエネルギーを使うために食べる必要があると考えがちですが、体を治癒に専念させることができる断食を有効に取り入れる治療法もたくさん存在しているのです。
 

3.断食で免疫力アップできる?

 

また断食によって免疫力もあげることができます。突然ですが、予防注射の仕組みって知ってますか?それはあえて体内に菌を送りこんで体内に耐性を作ることで病気になりにくくすることです。
 

今の世界は、医療も発達し非常に清潔な中で育っているので、耐性がない、つまり免疫力は低下しているといえます。また、欧米化した食生活にシフトしていることによって栄養が偏るだけでなく、生活習慣病も増えてきています。
 

断食をすることによって、体内に外界の菌と闘うことのできる強い仕組みを作りだすことができるし体内のバランスや消化がしにくく体内に留まっている老廃物を排出することができるのです。
 

そういった面でも断食は体を強くすることに繋がり、医者に頼らず自然治癒力だけ生活することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です