断食で脂肪だけ落としたい!筋肉を落とさないポイントとは?


ダイエットを失敗なく行うためには、さまざまなことに気をつけなければなりません。その中でも、食事制限や断食などの食事が関係するダイエット方法を実践する際は、筋肉量を減らさないように細心の注意が必要となります。
 

1.どうしてダイエットに筋肉が必要?

 

筋肉は、運動など特別な行動をしていなくても脂肪を燃焼させる力を持っています。筋肉量の多い人は、じっとしている間でも絶えず脂肪を燃焼させることが出来るので太りにくいです。
 

反対に筋肉量が少ないと、身体が脂肪を燃焼しづらくなっているので太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。筋肉量を減らさずにダイエットすることで、痩せた体型をその後もキープすることが出来るようになるでしょう。
 

2.脂肪と筋肉にはどんな関係があるの?

 

ダイエットの大敵である脂肪は、身体のエネルギーを備蓄するためにあります。身体が飢餓状態に陥ってしまったとき、この脂肪を燃焼させてエネルギーへと変換しています。人間の身体は他にも肝臓や筋肉でグリコーゲンとしてエネルギーを備蓄しています。
 

栄養素が不足した場合、肝臓にあるグリコーゲンが優先的に使われていくのです。余計な脂肪をエネルギーとして使うためには、この肝臓にあるグリコーゲンを使いきってしまわなければなりません。
 

肝臓のグリコーゲンを使い果たすために行うのが断食ダイエットです。長期間の断食を行ってしまうと、体脂肪からのエネルギーだけでは生命を維持することが難しくなり、筋肉がエネルギーとして消費されるようになってしまいます。
 

脂肪を減らし、筋肉を減らさないためにも長期に渡る断食期間を設けないようにしましょう。
 

3.筋肉を減らさないように断食するをするポイントとは?

 

断食をすることで筋肉を落としてしまうと、その後の通常生活を送る上で必ず体重が増加してしまいます。下手をすると断食前よりも体重が増加してしまう場合だってあるのです。
 

脳内のエネルギーが不足することで、筋肉からグリコーゲンがエネルギーとして使用されるようになるので、脳内のエネルギー切れを防がなければなりません。そのためには、断食中に口にする飲み物を工夫するようにしましょう。
 

断食中は固形物による栄養補給が出来ませんので、飲み物で栄養補給を行いましょう。最近では、断食ダイエット中の飲み物として酵素ドリンクが流行っていますよね。
 

酵素ドリンクは断食ダイエットの理にかなった飲み物なのです。ドリンクに含まれている、ビタミン、ミネラル、アミノ酸は脳内のエネルギーとして必要不可欠な栄養素なのですから。
 

断食中に筋肉量を落とさないようにと、過度な運動をすることは逆効果です。負荷が大きく筋肉にかかると、筋肉の細胞はどんどん破壊されてしまいます。
 

通常の生活を送っていれば、食事から得られる栄養素で破壊された筋肉細胞が修復されていくので、筋肉量の減少を起こしません。
 

断食中は、この破壊された筋肉細胞を修復するほどの栄養素が身体の中には残ってないので、筋肉が修復されず結果として筋肉量の減少へと繋がってしまうのです。