断食は精神面でも効果があるの?

Pocket

断食を行うことで、ダイエット効果や美容に効果があるのはよく知られていますね。実はそれだけではなく、精神的にもかなり良い効果があると言われているんです。
 

1.断食でイライラ感がなくなる?

 

ストレス社会といわれ、多くの人が何らかのストレスを抱えています。仕事などのプレッシャーで、精神のバランスを崩してしまう人も多いと言われています。そんな時も、断食は良い効果を発揮してくれるのです。
 

断食をすることにより、精神は爽快になり、ストレスや精神的な不快感はどこかへ行ってしまうそうですよ。実際に断食を定期的に行っている人も、ストレスが嘘のようになくなるとか、断食を続けると高揚感が増すというような感想を述べています。
 

普通、お腹が空いてくるとイライラしますよね?この経験をした人がほとんどだと思います。でも、断食をしようと決めてそれに取り組み始めるとそういったイライラ感はなくなってくるようなんです。
 

2.断食中に増える物質とは?

 

断食中は、通常では存在しない物質が体内に増えてくるんです。それが、ケトン体という物質です。ケトン体は、通常の生活をしている時には体内にほとんど存在しないものです。
 

断食をして体内に糖分が少なくなってきたら、体が脂肪を分解してケトン体を作りだします。脳のエネルギーが、通常は糖分から得ていたものがケトン体に変わると、意識に変化が出てくるのです。
 

どういう変化かというと、あまり細かいことが気にならなくなる、気分が爽快になる、空腹をあまり感じなくなる、感性が鋭くなる、脳波のアルファー波が増える、などです。
 

アルファー波が増えるというのは、脳がリラックス状態であることがわかります。脳は、通常の状態の時はブドウ糖からエネルギーを得ています。
 

しかし断食するとそのブドウ糖は内臓や筋肉のエネルギー源として使われるので、脳が使う分がなくなるのです。そこで私たちの脳は作りだされたケトン体を使うというしくみです。
 

3.断食が心も元気にしてくれる!

 

ケトン体は、断食を始めてすぐに出てくるわけではありません。数日断食を続けると出てくるものです。プチ断食しかしていない人はケトン体は出ないの?と疑問に思うわけですが、大丈夫です。
 

プチ断食でも毎週定期的に行うようにすれば、ケトン体が出やすくなるそうです。断食より得られる精神的な効果には、爽快感だけでなくて、創造力や発想力が増えるのも挙げられています。
 

仕事がはかどるとか、良いアイデアが浮かぶ、なんていうことがあるかもしれません。現に、断食をした医師が、直感力が増した、判断力や創造力が良くなったと言っています。
 

ダイエットにも効果があると言われている断食ですが、このように体だけでなく精神面でも良い効果があると証明されています。
 

ダイエットしたい人だけでなく、最近疲れが取れないとか、精神的に参っているという人も、積極的に断食をしてみてはいかがでしょう。
 

正しい方法で行えば、体にも心にも良い効果が期待できますよ。断食なんてできるかなぁと不安な人は、まずはプチ断食から始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です