空腹が辛い!断食を成功させるコツを教えて!

Pocket

ダイエットはいろんな方法がありますが、中でも断食ダイエットは効果があると言われていますね。断食ダイエットを試みても、空腹感に耐えきれずに食事をしてしまった!なんていう人も結構いるんですよ。
 

1.断食を成功させるコツとは?

 

せっかく朝、昼と我慢したのに夜にどうしても食べたくなってドカ食いしてしまい、自己嫌悪に陥る・・・。こんなことの繰り返しなので、断食ダイエットは自分はできないんだと思い込んでいる人もいます。
 

ダイエットをするには、ある程度強い意志が必要です。断食ダイエットだけでなく、どんなダイエットでもです。絶対やり遂げるぞという気持ちを持って、取り組むようにしたいものです。
 

そこで、断食ダイエットを成功させるためのコツは何なのか考えてみましょう。
 

2.断食は終わった後が重要?

 

断食ダイエットには軽く行うものから、本格的に行うものまであります。自分が家で行うのであれば、1食だけ抜くものや1日断食、長くても3日間までのものにしましょう。
 

本断食と言って、3日以上断食する方法があります。3日以上水だけで過ごすものですが、これは専門家の指導の下で行うか、断食の指導を行っている施設などでするのがおすすめです。
 

自分一人で家でする場合は、長期間の断食は危険なので止めてください。1食断食や1日断食など、どの方法で行っても「お腹が空く」感覚はあります。断食が終わったらあれを食べよう、これも食べたい、と頭の中ではいろいろと思いめぐらせるものです。
 

これは普通のことなのでこれがいけないというのではなくて、断食が終わった後の食べ方が重要なのです。これが断食ダイエットを成功させるかどうかのポイントになります。
 

3.回復食の役割とは?

 

断食の後は、回復食(復食)といって元の食事に戻すまでにする消化の良い食事をとります。断食が終わった解放感から、片っぱしから食べたいのはわかりますが、これが一番断食ダイエットにとって危険なのです。
 

断食中は特に身の危険を感じることはありませんが、終わってからが要注意です。せっかく断食をして内臓が休まったのに、一気に食べるとかえって胃腸が荒れてしまい、体調を悪くしてしまうのです!
 

こうなると、何のために断食をしたのかわかりませんよね。休んだ後の胃腸は、消化吸収を活発に行います。ですから断食の後に食べるのは、重湯やお粥、スープなどにすること!これが重要です。
 

物足りないと思うでしょうが、断食の後は味覚や臭覚などの感覚が鋭くなっていて、お粥がものすごくおいしく感じますよ。
 

病院に骨折などけがの手術のために入院しても、手術前は絶食ですよね。そして手術が終わって初めての食事は重湯やお粥が出されます。
 

あれも胃腸への負担を考えて出されているんです。断食の後、ものすごく食欲が出るのは正常なことです。断食がうまくいった証拠だとも言えるでしょう。
 

ですから、ここまで来たらあと一歩です。回復食まできちんと行い、断食ダイエットを成功させましょう。やり遂げた後の達成感は、格別なものがありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です