断食中に起こる寒気!原因と対策を教えて!

Pocket

断食中って、自分でも予想をしていなかったような体調の変化が現れることが多いんだとか。たぶん事前にいろいろ調べて断食をされていると思うんですが、それでもいろいろな体調の変化が現れるのが断食の特徴でもあるんです。
 

1.寒気はどうして起きるの?

 

いろいろな変化がある中で、寒気が出てしまう人もいるんです。寒気が起こる原因として考えられているのが、断食によるデトックス効果。体の中に蓄積している毒素を排出する過程において体調の変化の一つである寒気が起こると考えられています。
 

熱が出た時の寒気って、何をしてもダメなのと同じで断食中の寒気もけっこう大変なんです。寒気=血流の流れもあまりよくないということになるので、不安になってしまうのも事実。
 

でも、寒気は断食が正しくできている時の好転反応でもあると言われているので、あまり心配することはありません。このような反応が現れたということは、逆に断食が成功しつつある証拠なので、喜ぶべき!?なのかもしれません。
 

体内に蓄積されている毒素やコレステロール、脂肪がデトックスされていく中での反応なので、ごくごく自然なことなんです。でも、どのくらいの時間寒気に耐えなければいけないのか、正直わからないところもあります。
 

2.寒気が起きたらどうすればよい?

 

1時間くらいで終わる人もいれば、3時間、半日と時間がかかってしまうケースもあります。なので、さほど症状が酷くなければ、普段と同じように好きなことをして時間を過ごしてみてください。
 

本を読むもよし、布団にもぐってゴロゴロするもよし、DVDを見たりテレビを見てのんびり過ごすもよし、好きなように過ごしてくださいね。
 

普段と同じように過ごしていても、やっぱり寒気に耐えられない!というのであれば、靴下をはく、洋服を1枚多くきる、また、水の代わりに人肌に温めた白湯を飲んでみてください。
 

3.どうしても我慢できない時は?

 

それでも寒気が緩和せず辛くなってしまった時は、一度断食を中断するのも大切です。無理して行うと、逆効果となってしまうので、「厳しい」と感じたら一度休止する勇気を持つことも忘れないでくださいね。
 

断食をしてみて、「こんな症状が出るんだ」ということがわかっただけでも収穫できたものがあったんですから、それはそれで良しです。体調が良くなったら再度断食を始めればいい話なので、好転反応だからといって苦しいことを続ける必要はないんです。
 

一度そのような経験をしているから、次に断食を行う時はきっと成功します。断食をするという不安や緊張が寒気を引き起こしてしまったという可能性も無きにしも非ずなので、気持ちをリラックスさせて行うのも、断食には必要かもしれませんね。
 

好転反応である寒気も、少しずつ良くなってきます。体の中に溜まっている毒素が排出されていくのと同じです。体が変化している証拠として受け止めて、逆にこのような好転反応を楽しむことができる余裕があると尚良しです。
 

落ち着いて対処することが、断食中の好転反応を受け止めることができる秘訣となることを忘れずに、断食に挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です