断食中に腹痛や下痢(吐き気)が!理由と対処法を教えて!


ダイエット法、健康法として注目されている断食ですが、行っている最中に腹痛や下痢(吐き気)といった症状が出る場合もあります。知識が無いと何故起こっているのかが分からなく、不安になってしまうことでしょう。
 

しかしそれらの症状、実は断食が上手く進んでいる証拠でもあります。焦らずに対応すれば断食を中断することなく続けられ、魅力的な効果を得ることが出来るはずです。
 

1.腹痛や下痢は好転反応?

 

断食中に起こる腹痛や下痢(吐き気)は、好転反応と呼ばれるものです。今まで体内に蓄積していた毒素や老廃物を排出しようと、血液に取り込まれて内蔵器官に流れていくことにより起きます。
 

普段よりも多めの老廃物が運び込まれてくるので、内臓器官はいつも以上に働き始め結果として体調不良の状態に陥るのです。ちなみに好転反応は腹痛や下痢(吐き気)以外にも頭痛、めまい、おう吐、吹き出物、肩こり、腰痛などあらゆる症状が挙げられます。
 

1つだけの症状で済む人もいれば、複数の症状が出る人もいます。どの症状が出るかは、実際に断食を行ってみないことには分かりません。また症状の度合いは人それぞれ違い、今までの生活習慣が乱れていればいるほど症状は重いようです。
 

断食の成功の証しである好転反応でも、症状が重すぎると中断せざるを得ないのでまずは生活習慣を見直す事から始めることをおススメします。
 

2.好転反応への対処法を教えて!

 

では、断食中に腹痛や下痢(吐き気)が起こった場合、どう対処すべきなのでしょう?同じ好転反応の頭痛の場合、はちみつを摂取すると症状が和らぐと言いますが腹痛や下痢(吐き気)にも適した食材があったりするのか気になりますよね。
 

調べた結果、残念ながら「これをすれば(食べれば)改善する!」というものはありませんでした。症状が落ち着くまで安静にするのが重要で、水を飲み過ぎていると腹痛や下痢(吐き気)になりやすいので摂取量を見直すことがポイントとなります。
 

もしそれでも改善されないようであれば、思い切って中断するのもひとつの方法です。また、回復食の摂り方を間違っても腹痛や下痢(吐き気)を起こすことがあるので断食後にも注意が必要となります。
 

3.回復期のポイントとは?

 

回復食の期間は断食を行っている期間よりも重要で、最も慎重に行わなければいけません。空っぽになった状態の胃にいきなり普通食を入れるのはNGです。
 

これでは胃がビックリして消化不良を起こし、腹痛や下痢(吐き気)を引き起こす原因になります。まずは重湯からスタートし三分粥、五分粥、七分粥、全粥と徐々に普通食へと段階を上げていくのが理想形です。
 

断食は正しい方法で行えば魅力的な効果を得られますが、間違った方法で行うと逆効果になってしまいます。始める前に知識を身に付けて準備期間から始めてみましょう。
 

断食中の好転反応についてもどの症状が出ても良いように対処法を調べておくことをおススメします。多くの人に見られがちな腹痛や下痢(吐き気)の場合は、水の摂取量を見直して出来るだけ安静にして過ごす事を心がけて下さい。