断食後のリバウンドを防ぐために注意する点とは?

Pocket

酵素ドリンクでの断食はリバウンドが心配という方もいます。たしかに通常の食事を酵素ドリンクに置き換えるので、体は若干ではありますが飢餓状態となり、断食を終えた後のカロリー吸収率も高くなります。
 

そのため油断をするとリバウンドにつながりやすいのも事実です。しかし、いくつかの注意点に気を付ければ断食後のリバウンドは問題ないと言えます。
 

むしろ断食中には内臓などの働きを十分に休められ、代謝がアップして太りにくい体にさえなります。
 

1.断食後に太る理由

 

断食前の体重よりも断食後の体重が増えてしまう方の多くは、断食終了とともに普段通りの食事にしています。そもそも体重を減らすためには、カロリー摂取を控えなくてはなりません。
 

断食をおこなってせっかくカロリー摂取を控えてもすぐに通常のカロリーに増やしてしまえば体重だってすぐに戻りますね。これを防ぐために、断食を終えた後には調整期間があるのです。
 

2.調整期間とは?

 

調整期間とは、断食後の食事調整です。断食中に軽い飢餓状態を覚えた体が突然普通の食事をすると、体は栄養をできるだけ多く吸収しようとします。
 

また精神的にも断食中は食べたい欲求に駆られていますから、通常の食事とは言え普段より多く食べてしまいやすくなるのです。このような状態を避けるために、断食が終わった後でも数日間はカロリーを意識した胃にやさしい食事を心がけるのです。
 

断食で痩せたからと言って、翌日に焼肉や炭水化物などを思う存分食べてしまえばあっと言う間にもとに戻ります。数日間は体を慣らす意味でも焼き魚やうどん、おかゆなどヘルシーなもので食事を楽しみましょう。
 

3.リバウンド防止にできることとは?

 

断食でのリバウンドを防ぐために断食中の適度な運動も必要です。断食をおこなうことで多少なりとも筋肉量が低下してしまいます。筋肉は脂肪の代謝を促進するためにも大切なので、これを減らしてしまってはリバウンドをする可能性があります。
 

ですから、筋肉量を減らさないために軽い筋肉トレーニングなどを心がけてくださいね。アスリートのような筋トレは必要ありませんが、エレベーターの代わりに階段を使ったり、一駅分歩くだけでも断食中の筋肉低下は防げます。腹筋などを頑張るとより効果的です。
 

また、断食を過度に繰り返すと体は低カロリー生活に慣れてしまいダイエット効果が出にくくなります。効果が出やすいからと期間を空けずにおこなうと痩せにくい体質にもなります。
 

断食期間は最長でも3日間、最低でも2週間に1度のペースは必ず守りましょう。本当は1カ月に1度、2日間の断食ペースがベストと言われていますよ。
 

断食で減らした体重をキープするためには、日頃の食生活を意識することも重要ですね。さきほどの調整期間を終えたあとも暴飲暴食はやめて1日1,300カロリー(20~40代女性の場合)を目標に生活すると大きなリバウンドはありません。
 

万一食べ過ぎてしまった翌日は、通常の食事を1食分だけ酵素ドリンクなどに置き換えるなどして前日のカロリー分をマイナスしましょう。
 

せっかく断食で痩せられたらならキープしたいですよね。これらのことに気をつけるだけで断食後のリバウンドは防げますから是非意識して取り組んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です