断食を二週間続けるとどんな効果があるの?


断食を行うことで得られる効果は、どのぐらいの日数をかけて実践するかによって異なります。
 

少しお腹周りの脂肪を取りたいなとか、今すぐに少し体重を落としたいなどのダイエット目的で行う場合には、最短で1日、自宅で行う場合には長くても3日ぐらいを目安にして実行するのがおすすめです。
 

ですが、もっと確実に細くなりたい場合や、体質改善などより大きな健康効果を期待する場合には、断食道場などのプログラムに参加して、専門家の指導の下で正しい方法でダイエットに取り組むのが効果的ですね。
 

1.断食道場で行う断食とは?

 

断食道場では1泊2日と言う短期間プログラムもあれば、二週間~六週間と言う長期間のプログラムもありますよね。このうち、二週間コースに参加すると、本格的な断食を行うのは一週間程度で、残りは回復食を食べて通常の食生活に戻るための準備となります。
 

断食期間中でも、全く何も食べないというわけではなく、ミネラルやビタミン、食物繊維など生命維持に必要な栄養成分は、ジュースなど消化しやすい形状にして飲んでいます。
 

だから、肌がボロボロになったり、頭がぼーっとしたり気力も体力もなくなってしまうなどのトラブルは起こしにくいんですね。
 

2.二週間断食の効果とは?

 

二週間、断食を行うことによって得られる効果ですが、内臓をしっかりと休めてダメージを修復したり、消化機能や代謝機能をリセットして正常な状態へと近づけられる効果があるだけでなく、血液中に含まれている毒素もスッキリと排出する効果が期待できますよ。
 

全身の毒素レベルを画期的に低下できるので、肌のトラブルも解消できたり、毒素がなくなることによって血行が促進され、慢性的な冷え性を改善することも可能です。
 

さらに、二週間で全身のあらゆる機能を正常な状態へと近づけることができるので、消化機能に使われている内臓だけでなく、心臓や脳の負担も軽減できますし、自律神経やホルモン分泌機能などもダメージを修復して正常な状態へと改善できます。
 

そのため、精神面ではストレスをスッキリ解消してクリアな気持ちになれたり、全身の毒素を排出することによって筋肉も神経もリラックスできるなどの効果が期待できます。
 

一度実践するだけでも、あらゆる効果を実感できますが、より確実で大きな効果を得たい場合には、断食期間の後、6週間ぐらいの期間をあけてから、再び二週間の断食ダイエットに挑戦することが可能ですね。
 

定期的に行う場合には、断食期間の3倍ぐらいの期間をあけることによって、健康面でのトラブルを起こすことなくプラスの効果を実感できます。
 

3.二週間断食をする注意点とは?

 

肉体的にも精神的にも大きな効果がある二週間の断食ダイエットですが、くれぐれも自宅で自己判断で行わないように注意してくださいね。
 

断食道場のプログラムは、専門家によって計算されたプログラムに基づいて行われているだけでなく、健康状態をきちんとチェックしてくれる環境で行われています。
 

自宅でダイエット目的で断食する場合には、二週間と言う長期間に挑戦するのではなく、1日~3日ぐらいを定期的に行ったほうが効果的ですね。