断食の日数によって効果は違うの?


ファスティングと呼ばれることも多い断食ダイエットは、今すぐに痩せたいという美容目的で行うことももちろんできます。
 

ですが、デトックスで体内の毒素をスッキリ取り除いたり、免疫機能をアップしてアレルギー体質を改善するなど、医療治療の一環として行われることもあるんですよ。
 

目的によって必要となる断食の日数が異なるので、期待する効果を確実に得るためには、十分な準備をしてから必要に応じた日数で断食を実行するようにしてくださいね。
 

1.自宅だと何日断食をすればよい?

 

自宅でダイエットとして断食を行う場合には、日数は1日~3日ぐらいが最適です。いきなり最初から3日間に挑戦しても、空腹に耐えられずに挫折してしまう事が多いので、まずは1日からスタートすると良いですね。
 

断食と言っても水以外には何も食べないというわけではなく、青汁や酵素ドリンク、グリーンジュースを手作りするなどして、ミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養成分はできるだけ摂取してあげることが、リバウンドしない断食のポイントとなります。
 

2.断食道場は何日断食するの?

 

断食道場などに参加すると、1週間コースから6週間コースとかなりまとまった期間で断食を行うことができますよ。
 

これは、専門家の指導の下に日常生活がしっかりと管理されている環境で行うので、健康や美容面でのトラブルはあまり心配ありませんが、自宅でこれほど長い日数で断食を行うのは、日常生活に支障をきたすトラブルの原因となるので控えるようにしてくださいね。
 

断食道場では、目的に応じで断食の日数が決められています。例えば、1週間コースに参加した場合には、1週間何も食べないのではなく、3日間ぐらいは本格的に断食が行われ、残りの4日間は回復食と言う形で、少しずつ通常の食生活に戻していきます。
 

この回復食は、断食を行った日数と同じぐらいの日数をかけて行うのが目安となるため、2週間コースに参加した場合には、そのうちの1週間は回復食にあてられると考えると良いですね。
 

3.断食の期間によって効果は違うの?

 

得られる効果ですが、1週間コースなら、慢性的な疲労や肌質の改善、体内のデトックスや慢性的な肩こりなどの症状を改善できますね。
 

2週間コースの場合には、これらの症状改善に加え、血液中の毒素もスッキリと排出できるので、血行を改善して軽度の冷え性を改善する効果が期待できます。
 

4週間~6週間の長期間になると、一つ一つの細胞に含まれている毒素までもスッキリと排出できますから、免疫機能が改善されてアレルギー体質が改善されたり、アトピー体質の改善効果も期待できます。
 

また、慢性疾患と言われているネフローゼやリュウマチも治療できますし、生活習慣病の肥満や高血圧なども大きな症状改善効果が期待できます。
 

医療行為として断食を行う場合には、一度のダイエットだけでも大きな効果が期待できますが、定期的に何回かリピートすることによって、より大きく確実な健康効果を得ることができますね。
 

その場合には、断食の間隔をしっかり開けて行うことが必要なので、1週間の断食をしたら次のダイエットをするまでに、3倍の期間、つまり3週間の期間を開けてから再び1週間の断食を行うようにしてくださいね。