断食は何日してよいの?期間を教えて!

Pocket

ダイエットにはいろいろな種類がありますが、短期間でも大きな減量効果が期待できる断食ダイエットは、今すぐに痩せたいという人にオススメの方法ですね。
 

1.断食ダイエットのメリット・デメリットとは?

 

断食ダイエットは普段の基礎代謝を維持しながら断食することによって摂取エネルギー量を劇的に減らすことができ、1日当たり1キロぐらいの減量が期待できるというメリットがあります。
 

ですが、健康管理の基本となる栄養摂取を徹底して管理するため、あまり長い日数を続けることができないというデメリットもあるんです。
 

2.24時間断食からはじめよう!

 

今すぐに痩せたい人にとっては、健康被害や美容面でマイナスの影響を受けることなく最大限に痩せるためには、どのぐらいの日数が可能なのか、知りたい人も多いですよね。
 

初めて挑戦する人なら、まずは24時間と言う短い期間に限定して始めてみてください。24時間でも内臓のダメージを修復することができるので、大きなデトックス効果や体調改善効果が期待できます。
 

一般的に美容やデトックスのために断食をする場合には、3日ぐらいの日数が可能と言われていますね。
 

3日間という期間は、内臓のダメージや疲れをすっきりと修復できるだけでなく、心臓や脳、ホルモン分泌機能や神経機能なども正常な状態へ近づけることができるので、体調改善効果が期待できます。
 

初めて断食をするのにいきなり3日と言うのはハードルが高いので、できれば何回かに分けて、最初は1日、次は2日と言う感じで日数を伸ばしていくのが良いですね。
 

3.3日以上の断食をしたい場合は?

 

断食道場などに行くと、もっと長い日数でダイエットに挑戦することができます。
 

生活習慣病や過度の肥満をすっきりと治療するために医療行為として行われることも多い長期間の断食は、素人判断で行うのは健康被害などトラブルの原因になることが多いので、あまりお勧めではありませんね。
 

3日以上の断食を行う場合には、専門家の指導の下で、正しく行ってくださいね。断食の日数が1週間を超える場合には、全身の血行をよくしたり、免疫機能を正常な状態へ近づける効果が期待できるので、花粉症などのアレルギー体質を改善することができます。
 

また、こうしたダイエットを定期的に何回か行うことによって、根本的な体質改善ができるので、アトピー性皮膚炎をスッキリ改善したり、リュウマチなど慢性疾患の改善効果も期待できます。
 

断食期間の日数にかかららず、ダイエットを行う際には気を付けたい点があります。それは、断食と言っても水しか飲まないわけではなく、ミネラルやビタミン、食物繊維など生命活動に必要な栄養成分はしっかりと補給するという点ですね。
 

多くの場合には、酵素ドリンクや青汁、手作りしたグリーンジュースなどを使いますが、これらの栄養成分も摂取しない場合には、体が飢餓状態となり、少ないエネルギー量で生命活動を維持するべく、体がエコモードになってしまいます。
 

すると、基礎代謝が低下するので、ダイエットをやめた時にすぐにリバウンドしてしまうので注意しましょう。断食をして体重を減らすことは簡単でも、リバウンドすることなく減らした体重を維持することの方が、断食ダイエットでは大切なポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です