断食で内臓脂肪を減らしたい!方法を教えて!

Pocket

断食ダイエットは、慢性的に大きな負担がかかり続けている内臓器官をお休みさせることができるので、ダメージを修復したりリセットすることによって機能を正常に働かせる効果が期待できます。
 

もちろん、ダイエットとして断食を行う場合には、短期間で大幅な減量効果も期待できますが、この短いダイエット期間中に内臓脂肪を徹底的に減らすためには、どんな点に気を付ければよいのでしょうか?
 

1.内臓脂肪を減らすにはどうしたらよい?

 

人間の体は、何もしていなくても生きているだけでエネルギーを燃焼していますよね。心臓を動かしたり、血液を循環させたり、そうした生命活動に必要なエネルギーは「基礎代謝」と呼ばれていて、一日に燃焼されるエネルギー量の約70%を占めています。
 

断食ダイエットをすることによって、食事で摂取するエネルギー量を減らしながらも基礎代謝を正常な状態に維持することができれば、大きな減量効果が期待できるわけですし、体型もスッキリ細く改善できることになりますね。
 

体内でエネルギーが燃焼される場合には、まず最初に糖質が優先的に燃焼されますよね。そして、糖質が全て燃焼されると、今度は皮下脂肪や中性脂肪などの脂質がエネルギー源として燃焼されることになります。
 

断食ダイエットをすることによって、体内には糖質も脂質も摂取しませんから、この期間に体をうごかしたりしてエネルギー燃焼を意識すると、普段の生活ではなかなかとることができない内臓脂肪や皮下脂肪もスッキリと解消できます。
 

2.どんな断食をしたらよい?

 

具体的に何をすれば良いのでしょうか?おすすめなのは、ダイエットを週末ではなく休日に行うという方法ですね。平日なら、多くの人は通常通り出勤をして一日中仕事をしたり、家事に追われて一日を忙しく過ごすことになりますよね。
 

体をうごかすことによって体内の脂質を燃焼できるのですが、無理にハードなエクササイズをしたり、アウトドアをすると、断食中にはエネルギー不足でダウンしてしまうリスクがあるので注意しなければいけません。
 

しかし、通常通りの仕事なら、体をうごかすことによって脂質を効率的に燃焼することができるので、無理をしなくても効率的なダイエット効果が期待できますね。
 

3.エクササイズでさらなる効果を!

 

内臓脂肪を集中して減らすためには、他にも工夫できる点があります。それは、ヨガやピラティスなどの体幹を鍛えるエクササイズを行うという方法ですね。
 

断食ダイエット中には、何もしなくても脂質が燃焼されやすい状態になっていますが、その期間中に骨に近い部分の筋肉を鍛えるストレッチ系のエクササイズをすることによって、内臓周辺についている脂肪を集中して燃焼しやすくなります。
 

ストレッチ系のエクササイズなら、あまり疲れることはありませんし、テレビを見ながら、音楽を聞きながら簡単にできるので、運動が嫌いな人でも挑戦しやすいのではないでしょうか。
 

数日間の断食ダイエットでも、こうした工夫をすることによって効率的に内臓にたっぷりついた脂肪を取ることができます。生活習慣病の予防や改善などで確実に内臓脂肪を退治したい場合には、定期的に数日間の断食を行うのも効果的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です