断食をすると内臓にはどんな効果がある?

Pocket

私たちが食べ物を食べると、胃や腸に食べ物が送られて、そこから体に必要な栄養成分が腸壁を通して体内へ吸収されていきますよね。
 

そして、体に不要な成分が老廃物として体外へ排出されたり、毒素やアルコール成分がフィルターにかけられて体外へ排出される準備がされるなど、体内のあらゆる臓器が活発に働くことになります。
 

1.消化に時間がかかると内臓も疲れる?

 

何をどのぐらい食べたかによって、この消化活動にかかる時間や内臓にかかる負荷は異なりますが、消化がよくないものを食べたり、よく噛まずに食べる癖がある人などは、消化に時間がかかりやすくなってしまうため、内臓への負担も大きくなってしまいます。
 

また、1日3食の食事だけでなく、間食をしたり、口寂しいからと言って常に何かを食べている場合には、内臓には常に負担がかかり続けている状態になっているんですね。
 

だから過度の負荷がかかることによって胃が痛くなったり自律神経がバランスを崩すなど、体調にもトラブルが起こってしまう事があるのです。
 

そうした消化器官のトラブルを改善するためには、断食ダイエットが効果的です。
 

断食と言っても全く何も食べない修行僧のような断食ではなく、リバウンドを抑えて短期間でスッキリと体調を改善するための断食ダイエットでは、ミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養成分は、ドリンクとして摂取するのが一般的になっていますね。
 

野菜をミキサーにかけてドリンクを作るのも良いですし、市販の酵素ドリンクなどを利用するのも良い方法です。
 

他には酵素がたっぷり含まれている納豆などの食材を利用して、こまめに酵素を摂取するという方法も、消化機能や代謝機能を活性化する働きを持つ酵素量が増えるのでおすすめです!
 

2.断食の効果とは?

 

断食をすることによって得ることができる効果は、内臓の働きを少しお休みさせることによってダメージを修復したり、機能をリセットして正常な状態へと近づけることができるだけではありません。
 

心臓や脳にかかる負担を軽減できたり、甲状腺やホルモン分泌、自律神経など体内のあらゆる機能にかかっている負担を軽くして、正常な状態へと近づける効果があります。
 

体調がおかしいな、なんとなく調子が悪いなと感じたら、もしかしたら全身の機能が慢性的に疲労していることが考えられますから、まずは数日間のプチ断食ダイエットをしてみてくださいね。
 

3.断食ダイエットのやり方とは?

 

断食ダイエットのやり方ですが、慣れないうちは1日だけにして、何回か行って慣れてきたら、2日とか3日へ伸ばしていくのがおすすめです。
 

また、通常の食生活をしている所にいきなり断食を始めるのではなく、ダイエット前には消化がよいものを少しだけ食べて準備段階を設けてあげたり、ダイエット後にもいきなり通常の食事をすると内臓へ大きな負担がかかってしまいます。
 

まずはおかゆなど消化がよいものを食べて、消化機能にかかる負担を少しずつ大きくするなどの工夫をすることによって、ダイエット後スムーズに通常の生活へと戻しましょう。
 

たくさんの効果が期待できる断食ダイエットは、短期間で大幅減量したい人だけでなく、定期的に行うことによって健康維持を心がけたい人にもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です