断食は3日間でも効果あり?効果を上げるポイントとは?

Pocket

断食をするとなると、「食を断つ」と書くくらいですから、やはり何も食べずにいるということであり、苦しさも当然伴うのだろうと考える方も多いと思います。ところが、実際はそういうわけでもありません。
 

断食をしていても、野菜ジュースを飲んだり酵素を摂ったりするので、栄養も摂取できるのです。野菜ジュースは多くの野菜がギュッと凝縮されているので、カロリーもありますね。
 

1.3日間の断食でどのぐらいの効果があるの?

 

3日間という期間については、断食に適しています。もし3日間以上の断食をするのであれば、施設に行くなど専門家の指示の下に行うことが必要です。
 

3日間断食をした人の結果の平均では、2.9kgの減少というのがある検証でわかっています。一番多く痩せた人で3.6kgの減少だったということです。
 

断食でのダイエットをする人は、単に体重が落ちるから行っているわけではなく、体質改善や美容、健康のためというのが目的となっているのです。
 

2.3日間ダイエットの方法を教えて!

 

身体の中身を元の状態に戻すということがポイントになるのです。それに、断食ダイエットは身体のさまざまな機能を高めてくれたり、自分の中にある治癒力も高めてくれるから嬉しいですね。
 

週末に行うのが理想で、木曜は食べる量も30%ほど減らして夜8時以降は口にしないようにします。
 

金曜と土曜は野菜ジュースやリンゴ、梅干しなどの他に酵素を摂ります。サプリメントでも今話題のドリンクでも良いですね。日曜には朝・昼に回復食としてお粥など消化の良い物を食べ、その他に酵素を摂ります。夜は普通に食べて大丈夫です。
 

3日間の断食ダイエットで健康に痩せるためには、水分をよく摂るのがポイントです。また、激しい運動はいけませんが、軽くウオーキングをしたりストレッチをしたりするのは身体に良いですね。
 

さらに酵素というのも重要です。ご飯時には必ず摂りたいです。断食ダイエットは血行が良くなるので、肩凝りにも良いですし、美肌にも効果があります。
 

3.断食は2日間でも効果あり?

 

さて、3日間の断食がダイエット効果があるとするなら、2日間ではこうした結果にはならないのでしょうか。2日間での断食ダイエットの効果について考えてみましょう。
 

イギリスで有名になった「ゆる断食」というものがあります。「5:2ダイエット」ということで本にもなっていて、2日間はプチ断食をして5日間は普通の食事をするというものです。
 

要するに、2日間は食事制限のプチ断食をするということなのですが、セレブにも注目されている方法なのです。プチ断食では1日の摂取カロリーを500キロカロリーに抑えるようにします。
 

これは、いらない脂肪分を吸収しないためでもあります。行う時期というのは、2日続ける必要はなく、何日か間隔を空けても良いのです。
 

食事内容は、タンパク質やミネラル、炭水化物は必要なので、摂りたいです。また、断食をする日にはジョギングやウオーキングなどの運動もするようにしましょう。
 

ある有名人は、実施してから12日目で2.9kgの減量に成功したというのですから、効果のほどがわかるかと思います。週に2~3日の断食でも痩せられるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です