断食には味覚が研ぎ澄まされる?効果を教えて!


短期間で減量できるという効果が注目されている断食ですが、断食にはダイエット効果以外にもたくさんの効果が期待できます。
 

1.断食の効果とは?

 

例えば、期間を決めて断食することは、その期間は内臓機能をお休みさせることにもつながり、弱っている内臓のダメージを修復したり、消化機能を正常な状態へと近づけたりする効果が期待できます。
 

また、腸のダメージを修復することによって体内の毒素や老廃物をすっきりとデトックスできますから、体調不良や肌のトラブルなどもスッキリと改善できます。
 

さらに、味覚が研ぎ澄まされることによって、食事をした時に素材の味が良く分かるようになるという効果も期待できるのです。
 

2.味覚が研ぎ澄まされるとは何?

 

味覚が研ぎ澄まされるということは、どういうことなのでしょうか。私たちは毎日いろいろな食材を食べています。食事をすると、舌がいろいろな味を認識することによって、私たちは一つ一つの食材を美味しいとか美味しくないと判断しています。
 

しかし、断食を行うことによって、その期間、舌は味覚を使う機会がありませんから、しっかりとダメージを修復することができます。
 

さらに、断食することによって体内に次から次へと食べ物が入ってこないため、舌に食べかすがつきにくくなりますし、食べかすに群がる最近の繁殖も抑えることができます。
 

そのため、舌の汚れをすっきりと洗い落とすことによって、断食後に食事をした時には、舌が食材の味をより正確に分かるようになります。
 

3.味覚と研ぎ澄ますには断食がおすすめ!

 

普段食事をしていて、なんとなく味の微妙な違いに鈍感になってしまったなと感じることがあるかもしれません。そんな時には、ぜひ短期間でも良いので断食をしてみてはいかがでしょうか。
 

断食は1日2日ぐらいなら、それほど空腹感がつらいということもありませんし、趣味や仕事などに没頭すればあっという間に終了してしまうぐらいの期間です。
 

そうした短い期間の間にも、口内環境を改善できたり、味覚を研ぎ澄ましたりすることができるようになれば、食事をした時に食材のわずかな違いも敏感にキャッチできるようになりますから、食事の時間がより一層楽しくなります。
 

また、断食をすることによって味覚を研ぎ澄ますことができると、無意識のうちに味が濃いものや、味覚を麻痺させる原因となる添加物などを避けるようになります。
 

例えば、以前では大好きだったスナック菓子やインスタント食品なども、断食後には美味しいと思えなくなってしまうという人はとても多いのです。
 

断食をすることによって味覚がより正常で理想的な状態へと近づくとともに、食の嗜好なども意識しなくても自然と改善されるので、毎日の食生活にも大きな変化が現れるはずです。
 

毎日の食生活で、よりヘルシーなものを選ぶようになり、味が濃く生活習慣病の原因になりそうなものを控えるようになれば、食事による摂取カロリーも低く抑えてヘルシーな生活が送れそうですね。
 

断食をすることは、その場限りの減量ができるだけでなく、長期的には健康志向の体質づくりにもつながります。