断食でめまいや吐き気が!対処法を教えて!


断食をすると、下痢や頭痛といった様々な症状が出るのをご存じですか?これには名前が付いており、”好転反応”と呼ばれます。これは断食が成功に向かって進んでおり、むしろ良い反応と言えるものです。断食では体内の毒素が排出されていきます。
 

1.どうして好転反応がおきるの?

 

この排出によって起こる”好転反応”は、断食の効果によってダイエットも好調にできているということになります。”好転反応”では、先程申し上げた症状の他にもめまいや吐き気というものを感じる人もいます。
 

これは、細胞の中に時間をかけて溜まってきた老廃物(中性脂肪やコレステロールなど)が血中に流れていき内臓にまで流れることで起こるのです。
 

これらの老廃物を、内臓は頑張って排出しようと活動をすることになります。そのことによってめまいや吐き気に見舞われてしまうということなのです。
 

どういった人がなりやすいかと言いますと、”好転反応”の症状の出方やどんな症状がでるのかということについては、人によって違いがあります。
 

2.好転反応の起きやすい人とは?起きにくい人とは?

 

今までの生活において不摂生をしていたり、加工食品や油ものを好んで食べていた人というのは、症状が強くでる可能性があります。
 

また、断食前の準備期というものをきちんと設定しなかった人というのも起こる可能性があります。とは言っても、前述のように一時的なものであり、いずれ治まるものですし断食が上手くいっているという証拠なので、心配の必要はありません。
 

反対に、”好転反応”が起きない場合というのもありますが、それは体内が上手く解毒されていないか、日頃から生活を正している人ということになるので、覚えておきましょう。
 

3.めまいや吐き気に襲われたら?

 

では、もしめまいや吐き気に襲われたらそのように対処すれば良いのでしょうか。それは、酵素ドリンクを頻繁に多く飲むということ。そして塩分を摂るということも良いです。
 

症状が重くない場合は、ウォーキングをしたりして少し身体を動かす方が良いです。身体を休めるよりも気分がすっきりするかもしれませんし、”好転反応”の原因となっている物質が筋肉で循環されることで症状が良くなる場合もあるのです。
 

もしめまいが頻繁に起こるようでしたら、直ちに断食はやめてお粥などを食べて栄養を摂取するようにして身体は休めてあげるようにしましょう。
 

無理はしないようにして、ご自分の出来る範囲で行うようにしたいです。断食やプチ断食を行っていると、普段とは食事内容も変わってきますね。
 

そうなるともし準備をしっかりして臨んだとしても体調に変化が出やすいのです。断食をするならば、”好転反応”が起きるのだという心構えを持って挑むようにしましょう。
 

断食前は体調を整えたり準備の期間を長くすると安心感を持って断食に取りかかることができるでしょうし、症状も軽くすることができるはずです。いかがでしょうか。
 

この様にめまいや吐き気などの”好転反応”というのがあるということを、念頭に置いて断食をするようにしましょう。もう一度言いますが、無理はしないようにしましょう。